1. トップページ
  2. 先進医療について

先進医療について

ペペルミノゲンペルプラスミドによる血管新生療法 閉塞性動脈硬化症又はビュルガー病(血行再建術及び血管内治療が困難なものであって、フォンタン分類Ⅲ度又はⅣ度のものに限る。)

診療科
老年・高血圧内科
適応症
閉塞性動脈硬化症又はビュルガー病(血行再建術及び血管内治療が困難なものであって、フォンタン分類III度又はIV度のものに限る。)
先進医療の内容(概要)
代替治療が困難な慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症又はビュルガー病)患者に対して、血管新生促進作用があるペペルミノゲンペルプラスミドを筋肉内投与し、有効性及び安全性を検討する。
料金(私費)
本先進医療に係る患者様の費用負担はございません。

経カテーテル大動脈弁植込み術 弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症(慢性維持透析を行っている患者に係るものに限る。)

診療科
心臓血管外科
適応症
弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症(慢性維持透析を行っている患者に係るものに限る。)
先進医療の内容(概要)

本医療で使用される機器は、狭窄した大動脈弁に植え込まれる人工弁(以下、生体弁)とそれを適正位置まで送達するデリバリーシステムで構成される。生体弁はステンレス製のステント状フレームにウシの心のう膜弁(三葉の組織弁)がマウントされたものである。デリバリーシステムは、経皮的冠動脈形成術と同様にバルーンカテーテルとシースイントロデューサおよびダイレータ等で構成される。
留置方法には経大腿アプローチと経心尖アプローチの2方法ある。

【経大腿アプローチ】
  1. 大腿動脈を穿刺し、ガイドワイヤを左室まで進める。大腿動脈が狭小でありシースの挿入に危険が伴うと判断された場合は、傍腹直筋小切開を行い後腹膜経由にて総腸骨動脈に至り、同様の手技を施行する。前拡張用のバルーンカテーテルを腸骨大腿動脈部から挿入し、ラピッドペーシング下で狭窄した大動脈弁の弁口部を広げる。
  2. ガイドワイヤを左室に残した状態でカテーテルを抜去した後、ダイレータを用いて穿刺部を広げシースイントロデューサを留置する。
  3. 弁を洗浄した後、圧縮器を用いてバルーンカテーテル上に圧縮し、装着する。
  4. カテーテルに弁が装着されたバルーンカテーテルを通し、シースから大腿動脈部に挿入、前拡張した大動脈弁まで進める。
  5. ラピッドペーシングの下、狭窄した大動脈弁弁口部でバルーンを拡張し、弁を留置する。
【経心尖アプローチ】
  1. 第5あるいは第6肋間を小切開し心尖部心膜に達する。心膜を切開し心尖部を露出する。
  2. 心尖部に二重巾着縫合を行い、18ゲージ針を穿刺、ガイドワイヤを左室内に挿入する。
  3. ガイドワイヤを用いて前拡張用のバルーンカテーテルをシースに挿入し、ラピッドペーシング下で狭窄した大動脈弁の開口部を広げる。
  4. 以下経大腿アプローチと同様の手順で弁を留置する。
本治療法はすでに欧米にて1000例以上の臨床実績があり、2007年にはCEマークの認証を受け、欧州で市販が開始されている。また、米国においては、有効性および安全性を検証するピボタル試験(PARTNER-US)が進行中である。
料金(私費)
4,772,000円

周術期カルペリチド静脈内投与による再発抑制療法 非小細胞肺がん(CT撮影により非浸潤がんと診断されたものを除く)

診療科
呼吸器外科
適応症
非小細胞肺がん(CT撮影により非浸潤がんと診断されたものを除く。)
先進医療の内容(概要)
大阪大学呼吸器外科学では、奥村明之進教授を研究総括責任医師として、非小細胞肺がん完全切除に対する周術期心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)投与の多施設共同無作為化比較試験(JANP study)を実施しています。この先進医療は、非小細胞肺がんの患者さんに対して、周術期(術前から術後まで)にカルペリチドの静脈内投与を行うものです。
肺がんの8割以上を占める非小細胞肺がんは、手術でがんを完全に切除できても、再発するケースが少なくありません。しかし、再発の抑制に効果的な周術期の治療法は確立されていないのが現状です。
この先進医療では、非小細胞肺がんの完全切除手術の2時間以上前から72時間連続で、カルペリチドを静脈内に投与します。カルペリチドは急性心不全の治療薬で、これまでの研究で、カルペリチドを周術期に投与した患者さんは、そうでない患者さんに比べて、術後2年以内の再発が少ないことがわかっています。カルペリチドには血液中に放出されたがん細胞が血管に付着するのを防ぐ働きがあり、術後の再発を抑制する効果が期待されます。
料金(私費)
1,691円

内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃切除術 根治切除が可能な胃がん(ステージI又はⅡであって、内視鏡による検査の所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならないと判断されたものに限る。)

診療科
消化器外科
適応症
根治切除が可能な胃がん(ステージⅠ又はⅡであって、内視鏡による検査の所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならないと判断されたものに限る。)
先進医療の内容(概要)
本先進医療では、術前診断で根治切除が可能な胃がん(ステージⅠ又はⅡであって、内視鏡による検査の所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならないと判断されたもの)が対象となります。2009-2012年において、当先進医療参加予定3施設(藤田保健衛生大学、佐賀大学、京都大学)における腹腔鏡下根治的胃切除の短期成績を参考成績として、腹腔鏡下胃切除に対する内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃切除術の安全性、有効性、経済性を評価することを目的としています。主要な評価項目は重篤な合併症発生の有無であり、当該合併症の発生を6.4%(参考成績)から3.2%に減少させることを期待しており、目標予定症例数は330例です。
料金(私費)
620,000円

術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)

診療科
乳腺内分泌外科
適応症
原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)
先進医療の内容(概要)
ER陽性 / HER2陰性の原発性乳癌における術後補助療法としてのS-1投与の有用性(健存率向上)を検証する非盲検ランダム化比較試験。
料金(私費)
157円

前眼部三次元画像解析

診療科
眼科
適応症
緑内障、角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、角膜不正乱視、水疱性角膜症、円錐角膜若しくは水晶体疾患又は角膜移植術後である者に係るもの
先進医療の内容(概要)
現在、眼科疾患を診断するためには、検眼鏡あるいは前眼部および眼底写真による検査が必須であるが、従来の検査法では、眼球表面上に現れている変化を観察することができるのみであり、その診断精度には限界がある。また、所見の判断は観察者の主観に左右される面もあり、その所見を広く第3者にも客観的情報として共有する手段が少ない。前眼部3次元画像解析は、これまでの眼科的検査では行えなかった、角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や立体構造の数値的解析が行える唯一の方法である。また、前眼部の光学的特性を不正乱視を含んで数値的解析ができる唯一の方法である。本解析法には、干渉光とScheimpflug像を用いて角膜等を断層的に観察する方法がある。いずれの方法も、装置にコンピューターが内蔵されており、取得データのファイリング、画像劣化のない半永久的保存、取得データの数値的解析などが行え、従来の眼科的検査では得られない情報の入手と情報管理が行える。又、解析結果は電子カルテシステムに組み入れることも可能である。
料金(私費)
5,000円

角膜ジストロフィーの遺伝子解析

診療科
眼科
適応症
角膜ジストロフィー
先進医療の内容(概要)
角膜ジストロフィーは、両目の角膜が徐々に混濁する遺伝性の病気で、いくつかの遺伝子が原因となっていることが分かっています。また原因遺伝子によってさまざまな病型があります。これまでの検査方法では、病型の正確な診断が困難なことがたびたびありました。この先進医療では角膜ジストロフィーに関連する遺伝子の解析を行うことができます。原因遺伝子が明らかになれば、病型の判別に加えて発症年齢、重症度、予後などが推定可能となります。またレーザー表層角膜切除術の効果の推定や再発リスクの判定、さらにコンタクトレンズなどにより進行を遅らせることができるかどうかがわかる場合もあります。
料金(私費)
20,000円

上肢カッティングガイド及び上肢カスタムメイドプレートを用いた上肢骨変形矯正術 骨端線障害若しくは先天奇形に起因する上肢骨(長管骨に限る。以下この項目において同じ。)の変形又は上肢骨の変形治癒骨折(一上肢に二以上の骨変形を有する者に係るものを除く。)

診療科
整形外科
適応症
骨端線障害若しくは先天奇形に起因する上肢骨(長管骨に限る。以下この号において同じ。)の変形又は上肢骨の変形治癒骨折(一上肢に二以上の骨変形を有する者に係るものを除く。)
先進医療の内容(概要)
本先進医療は、CTデータを用いた術前3次元シミュレーションに基づいて設定された骨切り面・ドリルホール位置をガイドするカスタムメイド手術ガイドと、矯正後の骨形状に最適化したカスタムメイド骨接合プレートを用いることで、従来の治療法では望めなかった高度に正確な上肢の矯正骨切術を簡易な手術手技で実現することにある。カスタムメイド手術ガイドを骨の該当部分に設置してスリットやドリル孔どおりに骨切・ドリリングを行い、カスタムメイド骨接合プレートとネジで骨を固定するだけで、極めて正確な三次元的矯正が可能となる。上肢骨の変形を有する患者16名を対象に、術後52週における単純X線画像計測値から計算される術後遺残する最大変形角を主要評価項目とする臨床研究として実施している。
料金(私費)
525,000円

コラーゲン半月板補填材を用いた半月板修復療法 半月板損傷(関節鏡検査により半月板の欠損を有すると診断された患者に係るものに限る)

診療科
整形外科
適応症
半月板損傷(関節鏡検査により半月板の欠損を有すると診断された患者に係るものに限る。)
先進医療の内容(概要)
重度の半月板損傷では旧来の縫合術では本来の形状に修復できない程に欠損があり、切除する以外に有効な治療法がなかったが、切除術では中長期的には変形性関節症を続発するため、このような欠損のある半月板損傷にも温存治療が望まれていた。本技術は、このような欠損のある半月板損傷患者を対象に、コラーゲン半月板補填材を用いて修復し温存することを目指す世界初の治療法である。半月板欠損部に試験物を移植し縫合固定することで、試験物を足場とした修復反応が誘導され、欠損部に半月様組織が再生されることで、関節軟骨保護効果に寄与することが期待される。
料金(私費)
261,937円

自家嗅粘膜移植による脊髄再生治療 胸髄損傷(損傷後十二月以上経過してもなお下肢が完全な運動麻痺(米国脊髄損傷教会によるAISがAである患者に係るものに限る。)を呈するものに限る。)

診療科
脳神経外科
適応症
脊髄損傷(損傷後六月を経過してもなお下肢が完全な運動麻痺を呈するものに限る。)
先進医療の内容(概要)
自家嗅粘膜移植では、全身麻酔下に患者自身の鼻腔内に存在する嗅粘膜組織を内視鏡下に摘出する。そして摘出した嗅粘膜を手術室内で洗浄、細切後、脊髄損傷部位に存在する瘢痕組織を摘出して作製した移植床に直ちに移植する。嗅粘膜移植技術には、
[1] 損傷高位の脊椎を安全に切削し損傷脊髄を露出する、
[2] 損傷脊髄を顕微鏡下に正確に見極め瘢痕組織を切除する、
[3] 採取した嗅粘膜を母床に適切に移植する技術が必要である。
移植後は少なくとも1年間は週35時間程度のリハビリテーションを遂行し、軸索再生と新たに獲得された神経回路の維持の為訓練を行っていく。
料金(私費)
600,000円

腹腔鏡下広汎子宮全摘術

診療科
産科・婦人科
適応症
子宮頸がん(ステージがⅠA2期、ⅠB1期又はⅡ A1期の患者に係るものに限る。)
先進医療の内容(概要)
腹腔鏡下に従来行われていた腹式広汎子宮全摘術を行う。実行可能性、安全性を検討する。
料金(私費)
700,000円

パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん

診療科
産科・婦人科
適応症
上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
先進医療の内容(概要)
進行期の上皮性卵巣がん、卵管がん、腹膜原発がんに対する、初回化学療法としてのパクリタキセルとカルボプラチン併用化学療法についてカルボプラチンの腹腔内投与と静脈内投与の安全性および有効性を比較検討する。
料金(私費)
5,600円

難治性頻回再発型 / ステロイド依存性ネフローゼ症候群に対するミコフェノール酸モフェチル経口投与

診療科
小児科
適応症
難治性頻回再発型 / ステロイド依存性ネフローゼ症候群
先進医療の内容(概要)
小児期発症難治性頻回再発型 / ステロイド依存性ネフローゼ症候群患者を対象とした多施設共同二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験により、リツキシマブ治療後に経口投与されるミコフェノール酸モフェチルがプラセボよりも寛解維持効果に優れることを検証する。
料金(私費)
31,100円

FDGを用いたポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影による不明熱の診断不明熱(画像検査、血液検査及び尿検査により診断が困難なものに限る)

診療科
核医学診断科
適応症
FDGを用いたポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影による不明熱の診断
先進医療の内容(概要)
”38℃以上の熱が3週間以上繰り返し出現し、3日間の入院検査あるいは3回の外来検査で診断がつかない”という従来の定義から、現在の医療水準を鑑み2週間以上発熱が継続し、新たに設定した胸部腹部CT等の検査項目を施行したにも関わらず診断のつかない不明熱患者を対象にFDG-PET / CTの有用性を検討するために主要評価項もこうをFDG-PET / CT及びガリウムSPECTによる熱源部位検出感度の紗を比較する試験。予定症例数は180例である。不明熱とは、構成士官は極めて多岐にわたるため、いかに速やかに高い精度で正しい診断にたどり着けるかが診療の成否を分ける。一般的な画像診断や血液検査で診断がつかないとき、FDG-PET / CTにより全身の活動性の病変の有無を検索し、病理診断や細菌検査などで確定診断に到達することができる。
料金(私費)
63,000円

11C標識メチオシンを用いたポジトロン断層撮影による再発の診断 頭頸部腫瘍(原発性若しくは転移性脳腫瘍(放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る。)又は上咽頭、頭蓋骨その他脳に近接する臓器に発生する腫瘍(放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る。)であり、かつ、再発が疑われるものに限る。)

診療科
核医学診断科
適応症
頭頸部腫瘍(原発性若しくは転移性脳腫瘍(放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る。)又は上咽頭、頭蓋骨その他脳に近接する臓器に発生する腫瘍(放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る。)であり、かつ、再発が疑われるものに限る。)
先進医療の内容(概要)
メチオニン合成装置(CT-MET100)を用い製造した炭素11標識メチオニンを用いたPET検査が、先行する医薬品であるフッ素18標識FDGを用いたPETと比較し有用性が高いことを検討するために、原発性および転移性脳腫瘍もしくは隣接臓器の腫瘍に対する放射線治療後半年以上経過した後に生じた放射線治療後の再発が疑われる患者でCT・MRIでは十分な診断情報が得られない患者を対象として、両画像の感度を比較する多施設一部盲検単群試験。予定組み込み症例は99例。
試験期間:先進医療承認~平成28年10月31日。
病理診断は第3者による中央読影とし、画像診断は第3者読影期間による部分盲検化を行う。また、病理組織を採取しない内科的治療が選択された患者に対しては早期に外科的・放射線的治療が追加された場合がないかどうかを追跡調査し検討する。
料金(私費)
75,000円

トップページに戻る

アクセシビリティポリシー
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。