1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 子どものこころの診療センター

子どものこころの診療センター

診療内容

センター長 大薗 恵一

センター長 大薗 恵一

小児科、神経科・精神科、産科などの医師と心理士をはじめとするコメディカルが協働して、発達障がいの診療をいたします。
具体的には自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、または学習症が疑われる18歳以下の小児・青年を対象とし、それらの疾患についての診断のみならず、精密な評価・指導を行います。
小児期発症の精神疾患(うつ病、双極性障害、不安障害、摂食障害等)は診療の対象外となりますが、これらのベースに発達障がいがある、と疑われる場合には診療いたします。発達障がいのお子さんを養育する家庭の機能障害(育児困難、お母さんの不安)についてもサポートいたします。
診察では、問診や診察、発達障がいに特化した質問票や、学校や地域からの情報収集に加えて、必要に応じて自閉スペクトラム症についての精密評価(自閉症診断面接-ADI-R、自閉症診断観察尺度-ADOS-G)を行います。

特色

平成18年に開設された「子どものこころの分子統御機構研究センター」は、医学を中心として、脳科学、教育、心理、看護からなる学際領域で、発達障がいの研究を行なっております。「子どものこころの診療センター」では「子どものこころの分子統御機構研究センター」での活動で培われた経験と知識を基に、協働で、先進的な診療を行います。

平成28年12月現在、子どものこころの診療センターは機能的ユニットであり、外来窓口は統一化されたものではなく、小児科と神経科・精神科で個別に医療を提供しておりますが、症状や年齢に応じて協働で診療に当たります。
各専門性を生かして、発達や心理面、脳機能の評価、心理教育、精神療法、投薬治療を行います。また必要に応じて、学校や地域との連携を積極的に図ります。

紹介時のお願い

本院に初めて来院される場合(初診の場合)、必ずかかりつけ医(地域医療機関)より、本院の保健医療福祉ネットワーク部を通じて、初診の予約をお取りください。小児科受診ご希望の16歳未満の方は小児科「発達障害初診」の予約をおとりください。精神科からのご紹介、もしくは16歳以上の方は「精神科の初診」の予約をおとりください。

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。