1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 脳神経精神科診療部門 - 脳神経外科

脳神経外科更に詳しいご案内はこちら

診療内容

診療科長 貴島 晴彦

診療科長 貴島 晴彦

脳神経外科で扱う疾患にはさまざまな種類があり、それぞれの専門グループが診療しています。

  1. 神経機能疾患:てんかん、パーキンソン病、難治性疼痛(視床痛など)、顔面けいれん、三叉神経痛、痙縮、痙性麻痺など、神経機能の異常をさまざまな方法で専門的に治療します。
  2. 脳血管病変:脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳血管閉塞・狭窄、もやもや病などに対する手術あるいは血管内治療(カテーテル治療)を専門とします。
  3. 脳腫瘍:脳腫瘍の種類に応じて専門的に治療します。
  4. 脊椎・脊髄疾患:椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍、脊髄空洞症などに対し、顕微鏡下手術を中心に治療します。
  5. 小児神経外科疾患:水頭症、二分脊椎(脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫)、頭蓋骨早期癒合症など先天異常の外科的治療を担当します。
  6. 頭部外傷、脳卒中急性期などの救急疾患は高度救命救急センターを窓口にして対応しています。

特色

  1. 神経機能疾患に対してさまざまな治療を行っています。難治性疼痛に対する脳、脊髄電気刺激療法、経頭蓋磁気刺激療法、てんかんに対する迷走神経刺激、痙性麻痺に対する髄腔内バクロフェン投与、顔面痙攣、痙性斜頚に対するボツリヌス治療などです。
  2. 脳血管障害の治療では、手術のほか血管内治療を積極的に取り入れています。
  3. 脳腫瘍は、種々の先進技術を用いて診断し、治療します。腫瘍の種類に合わせて、手術、放射線治療、薬物治療を選択します。治療抵抗性の悪性神経膠腫には免疫療法(WT1ペプチド療法)を実施しています(臨床研究)。
  4. 脊髄腫瘍、頭蓋頚椎移行部疾患と脊椎変性疾患を中心に、根治性と神経機能の温存を第一に考え、病態にあわせた低侵襲の治療を行っております。手術では顕微鏡と内視鏡下に繊細かつ正確な除圧・摘出操作を行っております。またインストルメンテーションの適切な使用による内固定を行っています。完全脊髄損傷に対する新しい試みとして自己嗅粘膜移植術を実施しています(先進医療)。

紹介時のお願い

受付は月曜から金曜の午前中(8時30分から11時まで)です。紹介医師の記載がない場合は、紹介状の内容に応じて、適した医師が担当するようにいたします。他の病院で検査された画像などがありましたらご持参ください。

外来スケジュール休診情報はこちら

 
1診 午前 【神経機能
・てんかん】
貴島 晴彦
【神経機能外来】
担当医
【脳腫瘍】
【小児脳神経
外科】
香川 尚己
【神経機能】
【間脳下垂体
疾患】
齋藤 洋一
【神経機能
・てんかん】
【間脳下垂体
疾患】
押野 悟
午後 【神経機能
・てんかん】
貴島 晴彦
  【脳腫瘍】
【小児脳神経
外科】
香川 尚己
【神経機能】
眞野 智生
【神経機能
・てんかん】
【間脳下垂体
疾患】
押野 悟
2診 午前 【脳腫瘍】
藤本 康倫
  【血管障害】
西田 武生
【神経機能
・てんかん】
平田 雅之
【神経機能
・てんかん】
谷 直樹
午後 【脳腫瘍】
藤本 康倫
  【血管障害】
西田 武生
【神経機能
・てんかん】
柳澤 琢史
【神経機能
・てんかん】
谷 直樹
3診 午前 【血管障害】
中村 元
【間脳下垂体
疾患】
担当医
【脊椎・脊髄】
担当医
【神経機能】
細見 晃一
【脳腫瘍】
有田 英之
午後 【血管障害】
中村 元
    【神経機能】
細見 晃一
【脳腫瘍】
有田 英之
4診 午前 【脊椎・脊髄】
大西 諭一郎
      【血管障害】
高垣 匡寿
午後 【脊椎・脊髄】
大西 諭一郎
【脳動脈瘤
フォロー・
完全予約制】
担当医
    【血管障害】
高垣 匡寿

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。