1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 感覚・皮膚・運動系科診療部門 - 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

耳鼻咽喉科・頭頸部外科更に詳しいご案内はこちら

診療内容

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 診療科長 猪原 秀典

診療科長 猪原 秀典

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域(耳、鼻・副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、頸部他)の疾患全てに対応しています。特に下記の領域では専門外来を設けており、質の高い医療を目指しています。

腫瘍外来:月、火、水、木、金
年間約200例の頭頸部腫瘍疾患を治療しています。悪性腫瘍の治療では、手術・放射線・化学療法の全てを最大限に利用し、臓器温存に努め、発声や嚥下の機能をできるかぎり維持できるよう治療方針を決定しています。頭蓋底手術も積極的に行っています。
難聴外来:月、火、水、木、金
慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症などに対する手術治療を年間200例以上行っています。両側の高度難聴の方には人工内耳埋め込み術を施行しています。また、突発性難聴に対する薬物治療、顔面神経麻痺に対する薬物治療および手術治療も行っています。
めまい外来:月、火、水、木、金
メニエール病などの内耳機能と関連しためまいを中心に、幅広くめまいを症状とする疾患の診断治療にあたっています。難治性メニエール病に対する手術治療も行っています。
鼻・副鼻腔外来:月、水、木
鼻・副鼻腔の内視鏡手術を中心に年間100例以上の手術を行っており、解剖学的に危険な部位の治療でもナビゲーションシステムを用いて安全な手術を行っています。内視鏡を用いた顎顔面骨の骨折治療、涙嚢疾患に対する手術も行っています。
音声・嚥下・気道外来:火、木、(水午後は予約のみ)
音声障害、嚥下機能障害に対し、手術療法だけでなくリハビリによる治療も行っています。睡眠時無呼吸・いびきに対しては、入院での睡眠ポリグラフ検査を施行の上、必要に応じて手術療法、CPAP療法を行っています。
幼児難聴外来:(火午後に予約のみ)
種々の検査機器を用いて幼小児の聴力を評価し、補聴器装用や人工内耳の適応などを検討します。地域の耳鼻咽喉科診療所や聴覚支援学校との連携を密に保っています。

特色

頭頸部癌から高度難聴、難治性めまいまで耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の全ての疾患に対し、極めて高度な医療を提供しています。また、地域の病院や診療所とも密接に病診連携を図り、患者の皆さまにとって最善の治療を提供しています。

紹介時のお願い

初診の際には可能な限りかかりつけの先生からの専門外来宛あるいは担当医宛の紹介状をおもち下さい。専門外来宛の紹介状がない場合は、まず一般診で診察と所定の検査を済ませてから改めて専門外来の予約を取ることになりますのでどうかご了解下さい。

外来スケジュール休診情報はこちら

 
1診 午前 太田 有美 今井 貴夫 猪原 秀典 小川 真 大﨑 康宏
2診 午前 端山 昌樹 道場 隆博 前田 陽平 武本 憲彦 佐藤 崇
3診 午前 前田 陽平 山本 雅司 山本 雅司 道場 隆博 鈴木 基之
専門(完全予約制) 午前 【腫瘍】
鈴木 基之
【難聴めまい】
大﨑 康宏
【音声・嚥下
・気道】
小川 真
【腫瘍】
山本 雅司
【難聴めまい】
佐藤 崇
【難聴めまい】
太田 有美
【腫瘍】
武本 憲彦
【副鼻腔】
前田 陽平
【難聴めまい】
今井 貴夫
【腫瘍】
道場 隆博
【腫瘍】
猪原 秀典
【副鼻腔】
端山 昌樹
午後 【音声治療・
嚥下リハ】
小川 真
(随時)
【アレルギー
外来】
前田 陽平
(第1週)
端山 昌樹
(第3・5週)
【嗅覚外来】
赤澤 仁司
(第3週)
端山 昌樹
(第1週)
【幼児難聴】
大﨑 康宏
花田 有紀子
【補聴器】
今井 隆介
【喉頭検査3】
岩橋 利彦
  【遺伝子
カウンセリング】
太田 有美
(随時)
【喉頭検査2】
岩橋 利彦
(第1・3・5週)
【顔面神経】
佐藤 崇

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。