HP・文献・参考図書

HP

http://resilienthealthcare.net/index.html http://www.centerforkvalitet.dk/wm447734

論文・著書等

講演等

参考図書

Jeffrey Braithwaite, Robert L. Wears, Erik Hollnagel. Resilient Health Care Volume 3. CRC Press; August 2016.

エリック・ホルナゲル,ジェフリー・ブレイスウェイト,ロバート・ウィアーズ編著;中島 和江訳.
レジリエント・ヘルスケア―複雑適応システムを制御する―.大阪大学出版会;November 2015.

「訳者まえがき」より一部抜粋

(前略)レジリエント・ヘルスケアとは、レジリエンス・エンジニアリングの概念と指針を医療に適用し、高度に複雑化しダイナミックに変化し続けているヘルスケアシステムの様々な現場において、人々の柔軟性のある対応により、医療の安全、質、効率、患者の個別性などのバランスをうまくとりながら、どのような状況においても患者や国民に必要とされる医療サービスを提供し続けることを目指しています。続きを読む

Robert L. Wears, Erik Hollnagel, Jeffrey Braithwaite. Resilient Health Care Volume 2. Ashgate; February 2015.
Erik Hollnagel, Jeffrey Braithwaite, and Robert L. Wears. Resilient Health Care. Ashgate; August 2013.
エリック・ホルナゲル 著; 小松原 明哲 監訳; 狩川 大輔, 他 訳. Safety-I & Safety-II 安全マネジメントの過去と未来. 海文堂出版; November 2015.
Erik Hollnagel. Safety-I and Safety-II: The Past and Future of Safety Management. Ashgate; May 2014.
Erik Hollnagel. The ETTO Principle : Efficiency―Thoroughness Trade-Off : Why Things That Go Right Sometimes Go Wrong. Ashgate; June 2009.
Erik Hollnagel, David D. Woods, Nancy Leveson. Resilience Engineering : Concepts and Precepts. Ashgate; February 2006.
エリック・ホルナゲル, デビッド・D・ウッズ, 他 著; 北村 正晴 監訳. レジリエンス エンジニアリング 概念と指針. 日科技連出版社; October 2012.
Erik Hollnagel, Jean Pariés, David D. Woods, John Wreathall. Resilience Engineering in Practice : A Guidebook. Ashgate; December 2010.
エリック・ホルナゲル, ジョン・パリス, デビッド・D・ウッズ, 他 著; 北村 正晴, 小松原 明哲 監訳. 実践 レジリエンス エンジニアリング 社会・技術システム及び重安全システムへの実装の手引き. 日科技連出版社; May 2014.
Erik Hollnagel. FRAM : The Functional Resonance Analysis Method : Modelling Complex Socio-Technical Systems. Ashgate; June 2012.
エリック・ホルナゲル 著; 小松原 明哲 監訳; 氏田 博士, 他 訳. 社会技術システムの安全分析 FRAMガイドブック. 海文堂出版; May 2013.
井庭 崇,福原 義久 著. 複雑系入門―知のフロンティアへの冒険. NTT出版; June 1998.
ニール・ジョンソン 著; 坂本芳久 訳. 複雑で単純な世界:不確実なできごとを複雑系で予測する. インターシフト; November 2011.

その他

  • 大阪府医師会報【平成30年4月号(vol.398)】に、レジリエンス・エンジニアリング理論に基づく医療安全へのアプローチが紹介されました。