HOME > センター長の挨拶

センター長の挨拶

卒後教育開発センター長・和佐 勝史

大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターは、初期臨床研修医のための阪大プログラムとその後の学会認定専門医取得を目的とした阪大専門医育成プログラムを運営することで、初期臨床研修、専門医教育、生涯教育まで一貫した医師の教育体制を構築しています。
平成16年度にスタートした初期臨床研修プログラムでは、大阪大学医学部附属病院を基幹型臨床研修病院として、協力型臨床研修病院および協力施設との臨床研修病院群によって形成されています。研修科目は、基本(必修)科目(内科、救急部門、地域医療)と選択必修科目(外科、麻酔科、小児科、産科婦人科、精神科)に加え、研修医の志向に応じてすべての診療科より選択が可能な選択実習を設けています。これらの研修カリキュラム以外に、ACLS(二次救命処置)講習会、人工呼吸器セミナー、放射線画像診断セミナー、リスクマネージメント講習会、院内感染対策講習会などの受講者参加型セミナーや、全研修医が参加できるCPC(病理カンファレンス)を開催しています。以上により、初期臨床研修の2年間で厚生労働省が定めた行動目標、経験目標を達成できるだけでなく、大阪大学ならではの高度な内容の研修を受けることができます。
阪大専門医育成プログラムは、卒後10年以内に基幹診療科とそのsubspecialty領域も含む専門医取得を目標とするものです。本プログラムでは研究者としての基礎的能力の獲得も重視しています。すなわち、本プログラム参加者が将来大阪大学医学部大学院に進学し、基礎研究や臨床研究に従事することで、高度な臨床能力と研究能力を兼ね備えた指導医を養成することを目指しています。
 大阪大学医学部附属病院で研修するメリットは、大学病院の使命である、「高度先進医療・未来医療の開発・実践」の現場を体験すると同時に、これらの進歩に日夜取り組む先輩医師と接することができることにあります。臓器移植、再生医療、国際医療など、他院では経験できない症例や治療手技を体験することは、未来医療を切り開くためには自分が何をすべきか何ができるかを考える貴重な機会です。卒後教育開発センターは、大阪大学医学系研究科、医学部附属病院および関連病院が一丸となった研修を実現させたいと思います。

卒後教育開発センター長・和佐 勝史