HOME > お問い合わせならびにFAQ

専門医育成コース:問い合わせならびにFAQ

新専門医制度導入延期をうけて
 新専門医制度の導入は、19の基本領域すべてについて2018年を目途に開始する方針となったことが日本専門医機構から発表されました。制度導入が1年ずれこんだことで、本院専門医育成プログラムに関してお問い合わせ等がありましたら、各診療科もしくは下記までお問い合わせください。
  大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター
  〒565-0871 吹田市山田丘2-15
  Tel:06-6879-5056
  Fax:06-6879-5047
  メール:sotugo★hp-kensyu.med.osaka-u.ac.jp
  (★を「@」に変更して送信ください)
専門医育成プログラムに登録するメリットは?
 初期臨床研修終了後、自分自身で診療科、コースを選択して、計画的に専門医の取得を目指すことができます。
 各領域の専門医教育は大阪大学医学部附属病院が中心となって調整します。
 研修施設としては、大阪大学医学部附属病院ならびにその関連医療機関が該当します。大阪ならびにその近隣の主たる病院の大半で研修を行うことが可能です。
プログラム修了後も希望があれば、引き続き研修や活躍の場を調整させていただくことが可能ですし、また逆に、プログラム修了後は自由にご活躍いただくことも可能です。
どこに応募すればいいのか?
 大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター
  〒565-0871 吹田市山田丘2-15
  Tel:06-6879-5056  Fax:06-6879-5047
  メール:sotugo★hp-kensyu.med.osaka-u.ac.jp
(★を「@」に変更して送信ください)
 ただし、大阪大学医学部附属病院の各診療科、あるいは本プログラムの関連医療機関を介して応募を行うことも可能です。
 不明な点は、お気軽に卒後教育開発センターまでお問い合わせください。
プログラム登録中の雇用形態、給与は?
 大阪大学医学部附属病院では、原則として非常勤医師(基本給1328円/時間、週40時間以内勤務)としての雇用となり、労使協定の範囲内での超過勤務、当直勤務は命じられることがあります。勤務時間外のアルバイトは可能です。
 研修協力病院で勤務の場合には、当該病院の規定によります。
プログラム終了後はどうなるか?
 各プログラムに該当する専門医資格を取得いただくとともに、さらに引き続き、診療の第一線で活躍いただくと共に、大学院進学、海外留学等より高度な医療人を目指していただければと思いますが、特に義務や制限はありません。
プログラムを途中で変更することは可能か?
 プログラム自体は自由に変更可能です。
 但し、それぞれの施設での研修に伴い雇用関係が成立しているため、勤務先との調整が必要です。
内容の詳しい説明を聞きたいのだが?
毎年、7月上旬に説明会を行っており、各診療科の担当者から説明を聞いていただけます。
それ以外でも、お気軽に各診療科もしくは下記までご連絡ください。
大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター

〒565-0871 吹田市山田丘2-15
Tel:06-6879-5056  Fax:06-6879-5047
メール:sotugo★hp-kensyu.med.osaka-u.ac.jp
(★を「@」に変更して送信ください)