アクセス
当センターについて 患者さんへ 外来 入院 医療関係者の方

welcome
貴島センター長 てんかんは、反復性のくりかえすてんかん発作を特徴とし、乳幼児から高齢者まで、どの年代にもみられる頻度の高い慢性神経疾患です(有病率0.4~0.8%)。てんかんの原因や病型は多様で、正しい診断と適切な治療の選択は非常に大切です。一方で適切な投薬治療を行っても発作を抑制できない難治例が20~30%であり、専門的な知識や経験が必要なことも少なくありません。近年、次々に新しい抗てんかん薬が開発され、また、食事療法やさらにはてんかん外科手術や食事療法といった薬物治療以外の治療法により、難治例でも発作を抑制・軽減できることも増えています。しかし、日本においては、てんかんを専門的に診療する医師・施設ともに少ないのが現状です。
 当院ではこれらのニーズに応えるべく、てんかんを診療している診療科・診療部門が協力して、最先端の専門的・包括的な診療・治療を行うことをめざして2012年に設立しました。これまでにも、数多くのてんかん患者さんに対して診断・治療を行ってきましされました。これからも、乳児から高齢者まで、通常治療で発作が抑制できない難治性てんかんを広く対象とし、各種先進機器も用いてた診断から治療まで、個々の病態に合わせた最適な診療を目指します。

お知らせ
2018.10 new!!
2018年てんかんセミナーのご案内
日時:2018年11月21日(水)18:00~20:00
会場:大阪大学医学部附属病院14階 大会議室

※詳細はこちらからご確認下さい。PDFファイルが開きます。
 
<症例検討会のご案内>
毎月第一火曜日18時より脳神経外科病棟にて症例検討会を行っています。
お困りの症例などありましたら、お気軽にご相談ください。

 


トップページ 交通アクセス
当センターについて|・対象疾患と診療内容 ・特色 ・スタッフ紹介 ・組織図 ・関連リンク
患者さんへ|・外来受診される方へ ・入院される方へ
外来|・紹介時のお願い ・外来受診の流れ ・初診担当医表
入院|・検査入院について ・治療入院について
医療関係者の方へ|・症例検討会のご案内 ・てんかんセミナーのご案内 ・治験のご案内 ・臨床てんかん学の専門家を志す医師の先生方へ