がん登録とは

がんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みです。がん診療の向上と診療患者への支援、患者・家族・一般の方々への情報提供、並びに国及び地域におけるがん対策立案のための基礎資料として活用されることを目的としています。

・院内がん登録
当院でがんの診断、治療を受けた全患者について、「院内がん登録標準登録様式」に則り、院内がん登録実務中級者研修を修了した1名、初級者研修を修了した2名の診療情報管理士が登録を行っています。なお、院内がん登録の実施は地域がん診療連携拠点病院の指定要件になっています。
・全国がん登録
平成28年1月に「がん登録等の推進に関する法律」が施行され、日本でがんと診断されたすべての人のデータを一つにまとめて集計・分析する仕組みが始まりました。対象は平成28年診断症例からとなります。
・地域がん登録
都道府県が実施主体となり、対象地域のがんの実態を把握します。大阪府では昭和37年より始まり、がんの発生率、受療状況、生存情報などを収集・分析・管理しています。なお、全国がん登録開始に伴い、取扱いは平成27年診断症例までとなります。


登録データの取り扱い

・がん拠点病院全国集計として、国立がん研究センターに匿名化したデータを提出します。
・地域がん登録として、大阪府へ提出します。(平成27年診断症例まで)
・全国がん登録として、大阪府へ提出します。(平成28年診断症例より)
・予後調査のため、地方自治体、国の機関、他の医療機関との照会に用いることがあります。


がん登録と個人情報保護

個人情報については、「大阪大学医学部附属病院の保有する個人情報の適切な管理に関する規程」および個人情報保護法等の関係法令等に基づき、適切に保護、管理しています。また、「がん登録等の推進に関する法律」では、全国がん登録の業務に従事する者の秘密漏示等の罰則規定が定められています。全国がん登録データベースの安全管理体制整備についても、適切な対処をするよう定められています。


院内がん登録室 ホームページについて

2013年6月に開設しました。
当ホームページに載っているデータの無断利用は禁止します。
利用を希望される方は、大阪大学医学部附属病院医療情報部までご連絡ください。
連絡先 電話:06-6879-5900
医療情報部ホームページ



最終更新日:2017.8.24