入院のご案内入院する患者さまへ入院生活の様子
セミナーのお知らせ
ロゴについて
関連リンク
大阪大学医学部附属病院
大阪大学医学部
入院する患者さまへ
小児医療センターへ入院されるにあたり、以下の点についてご協力お願いいたします。

入院まで

イメージ入院の日取りが決まりましたら、担当の医師より電話でご連絡いたします。入院日近くまたは当日に熱が出たり、風邪やその他感染症の症状がある場合は、入院が可能かどうか事前に電話でご相談ください。
またごきょうだいが入院日近くに感染症(水痘、おたふくかぜ、麻疹、風疹、インフルエンザ、ロタウイルス腸炎など)にかかっている場合にも事前にご相談ください。

入院当日

入退院センターでお手続きを済ませた後、10時に小児医療センター(東6階病棟・西6階病棟)へお越しください。入退院センターでの手続きは8時30分から可能です。 何らかの事情で時間に遅れる場合は電話でご連絡ください。

面会について

面会時間は原則として12時〜19時です。ご家族に限り21時まで面会していただけます。 21時以降の出入りはご遠慮いただいています。 また15歳以下のお子様の小児医療センター内での面会は感染症等の予防のためご家族を含めご遠慮いただいています。

付き添いについて

  • イメージお子様の年齢・症状などによりご家族の付き添いをお願いすることもあります。
    例:乳児で定期的な授乳を要する場合、ご家族が付き添うことによりお子様が安心して入院生活を過ごせる場合、手術後でご家族によるお世話や精神的支えが必要な場合 など
  • 付き添いできるご家族は一度に一人までです。
  • お子様のみの入院も可能です。但し、付き添い者なしでの入院を希望される場合、病床数が限られているため、入院日の調整を要することがあります。
  • 入院途中にご家庭の都合や付き添われる方の体調などにより付き添いが難しくなる場合は、できるだけ事前に病棟看護師にご相談ください。可能な限り対応致します。
  • お子様のみで入院されている場合でも、感染症罹患により急遽個室隔離などを要する場合、付き添いをお願いすることがあります。
  • 付き添いのご家族のお食事は病院で準備できません。持参でご準備いただくか院内のコンビニや食堂をご利用ください。
  • 付き添いのご家族はベッド・布団が必要です。院内に貸し布団店がありますのでご利用ください。
    ベッドは小さいもの(幅80cm×長さ180cm以内)であれば持ち込みも可能です。

インタ−ホンについて

入院中の子どもたちの安全を守るため小児医療センタ−の入り口は24時間施錠し、入り口に インタ−ホンを設置しております。ご面倒ですが、6階に入られるたびに入り口のインタ−ホンで、入院されているお子様のお名前を、ゆっくりと大きな声でお伝え下さい。確認できましたら病棟から開錠しますので、お入り下さい。インタ-ホンは東西の病棟それぞれに設置されています。入り口の向かって左側が東病棟用、 入り口の向かって右側が西病棟用です。
毎回、お手数をおかけしますが、お子様方の安全を守るためにご協力をお願いいたします。

公費医療について

育成医療や小児慢性特定疾患などの公費制度を申請される場合は、必ず入院時に医療相談窓口(外来棟1階1番窓口)にその旨を伝え、説明を受けてください。

院内学級について

小児医療センター内には大阪府立刀根山養護学校の分教室(院内学級、中学3年生まで)があります。1週間以上の入院を要し、主治医が学習を許可する方で保護者・ご本人が転校・入学を希望される方が対象です。ご希望の方はお申し出ください。

その他

  • 携帯電話はデイルームと個室でのみご利用できます。相部屋でのご利用はご遠慮ください。デイルームには公衆電話を設置しています。 デイルームに設置している机や椅子は小児医療センター外に持ち出さないようお願いします。またプレイルームの玩具などはプレイルームのみのご利用となります。
  • 手術や患者様の病状により、入院中にお部屋の移動をお願いすることがあります。 また入院中の病室移動の希望などはお伺いしかねます。
準備していただくもの イメージ

以下のものをお子様の年齢に応じて準備してください。 私物には必ず名前を書いてください。「入院のご案内」も参考にしてください。 盗難の恐れがありますので高価なものや貴重品・多額の現金の持ち込みはご遠慮ください。
  • 「入院される患者さんへ」(ピンク色のアンケート用紙)
  • 麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎 既往/ワクチン接種歴確認表
  • 母子健康手帳

  • 食事に必要なもの
    お箸、スプーン、フォーク コップ、急須など 乳首・乳首が入る小型密閉容器(乳首を消毒剤に浸すための容器)、食器洗い洗剤・スポンジ・布きん
    ※粉ミルクは病院給食から調乳してお出ししています。
      自宅と同じ物の使用をご希望の場合はご持参ください。
    ※哺乳瓶は貸し出しをしていますが、
      ご自宅の哺乳瓶を使われる際は消毒セットと一緒にご持参ください。
    ※一般飲料用の冷水・お湯は給水機があります。
    ※昼食・夕食前にお茶を用意しています。

  • 入浴・洗髪に必要なもの
    石ケン・シャンプー・ベビーソープ・タオル・バスタオル
    洗面用具…歯磨きセット、クシやブラシ、髭剃りなど
    衣類やオムツ…紙オムツ・おしり拭き、着替え(服・靴下など)
    おくすり…現在内服・外用されているものがあれば1日分程度ご持参ください。お薬手帳やお薬の説明書をお持ちであれば一緒にご持参ください。
    ※ドライヤーは病棟のものもありますが、持参していただいても結構です。

  • 手術に必要なもの
    タオル・バスタオル・ティッシュペーパー・紙オムツ 乳首または吸い呑みや曲がるストロー、前開きの寝衣(手術時のみ病衣をレンタルすることも可能です/1日80円)

  • その他
    おしゃぶり、おもちゃ(2〜3個まで、高価なものや危険なもの、大きな音のするものはご遠慮ください)、イヤフォン(テレビやラジオをご利用の場合は必ず必要です)、ティッシュペーパー・ウェットティッシュ、洗濯用洗剤(コインランドリーをご利用の場合)、衣類用ハンガー(病室にロッカーがありますがハンガーはご持参ください)、履き物
    ※病室にはテレビ・DVDプレーヤー・冷蔵庫の備え付けユニットがあります(プリペイドカードで使用)
    ※冷凍庫はありませんが、冷凍母乳を保存する冷凍庫はナースステーション内にあります。

  • 付き添いされる方の身の回りのもの

※お荷物の収納スペースが限られているため、必要最小限でお願いします。
※電化製品(ポット、扇風機、加湿器など)や調理器具の持込は安全上お断りしています。
※東6階病棟は生花の持ち込みがお部屋によって出来ないことがありますので、
  お持ちにならないで下さい。またお見舞い品が生花であった場合は看護師にご相談ください。