当センターについて設立の趣旨ごあいさつ理念と基本方針寄付を頂いた方々アクセスマップ
セミナーのお知らせ
ロゴについて
関連リンク
大阪大学医学部附属病院
大阪大学医学部
理念と基本方針

理念

大阪大学医学部附属病院小児医療センターは、診療を要するすべての子どもと家族を尊重し、質の高い専門的な医療を提供すると共に、小児医療を支える人材を育成し小児医療の発展に貢献します。

基本方針

  1. 子どもとその家族の人権を尊重し、相互の信頼関係に立った、安心・安全な全人的医療を提供します。
  2. line
  3. 発達段階に応じた療育支援のために、病棟保育士、チャイルドライフスペシャリスト、院内学級教員、 臨床心理士、ソーシャルワーカーと協同して保育、教育、メンタルサポートを含めた環境整備を行い、入院・在宅を通した継続医療・看護を提供します。
  4. line
  5. 高度先進医療を提供するために、病院全体の各診療部門が連携協力したチーム医療を実践します。
  6. line
  7. 小児期に端を発する様々な疾病の原因究明に取り組むとともに、疾病の予防・診断・治療に結びつく未来医療の開発・研究を推進します。
  8. line
  9. 地域の医療、保健、福祉、教育機関との連携を図り、社会に向けて小児医療に関する情報を発信するとともに、家族と地域社会と一体となって子どもの健やかな成長に貢献します。
  10. lineimage
  11. 小児医療に携わる職員の教育研修を行うとともに、学生の教育を支援し、豊かな人間性を持った優れた医療人と小児医療チームの育成を推進します。