トップページ > 教育・研究活動 > 論文・著書

論文・著書

英文(学術雑誌)

  1. Tokunaga A, Imagawa A, Nishio H, Hayata S, Shimomura I, et al., For the consultation of Japan Diabetes Society Committee on Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus Research. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in the pancreas of fulminant type 1 diabetes. Diabetology International 2018;9:257–265.
  2. Takahashi R, Nakajima K, Kogaki S, Shinkai Y. Development of a course for patient safety with integration of story-telling and simulation to promote Rapid Response in pediatric wards. Simulation in Helathcare 2010;5(6):365.
  3. Takahashi R, Uchiyama A, Iguchi N, Mashimo T, Fujino Y. Effects of continuous venovenous hemofiltration on the pharmacology of Carperitide, a recombinant human atrial natriuretic peptide. Circ J 2010;74(9):1888-94.
  4. Shimizu K, et al. Synbiotics decrease the incidence of septic complications in patients with severe SIRS: a preliminary report. Dig Dis Sci 2009;54:1071-1078.
  5. Nakajima K, Takeda H. The use of e-learning in patient safety education. QSHC 2008;17:e1. http://qshc.bmj.com/cgi/content/full/17/4/e1?ijkey=09f9a18768d0bcafe78cc72300f14587d4ba3f64&keytype2=tf_ipsecsha http://internationalforum.bmj.com/doc/2008/friday-25-april-2008/I5_4_NAKAJIMA_KAZUE.pps (accessed 12 Jun 2012)
  6. Nakajima K, Kurata Y, Takeda H. A web-based incident reporting system and multidisciplinary collaborative projects for patient safety in a Japanese hospital. QSHC 2005;14:123-9.
  7. Takeda H, Matsumura Y, Nakajima K, Kuwata S, Zhenjun Y, Shanmai J, et al. Health care quality management by means of an incident report system and an electronic patient record system. Int J Med Inform 2003;69:285-93.
  8. Nakajima K, Keyes C, Kuroyanagi T, Tatara K. Medical malpractice and legal resolution systems in Japan. WMA 2002;48(2):20-8.
  9. Nakanishi N, Sato M, Shirai K, Nakajima K, Murakami S, Takatorige T, Suzuki K, Tatara K. Associations between white blood cell count and features of the metabolic syndrome in Japanese male office workers. Ind Health 2002;40:273-7.
  10. Nakajima K, Keyes C, Kuroyanagi T, Tatara K. Medical malpractice and legal resolution systems in Japan. JAMA 2001;285(12):1632-40.
  11. Nakanishi N, Nakamura K, Nakajima K, Suzuki K, Tatara K. Coffee consumption and decreased serum gamma-glutamyltransferase: a study of middle-aged Japanese men. Eur J Epidemiol 2000;16:419-23.
  12. Ruhul A, Fukuda H, Nakajima K, Takatorige T, Tatara K. Public health services in Bangladesh with special reference to systems and trends of vital statistics. Environ Health Prev Med 1999;4(2):65-70.
  13. Nakanishi N, Tatara K, Shinsho F, Murakami S, Takatorige T, Fukuda H, Nakajima K, Naramura H. Mortality in relation to urinary and faecal incontinence in elderly people living at home. Age Ageing 1999;28:301-6.
  14. Nakanishi N, Tatara K, Nishina M, Nakajiama K, Naramura H, Yoneda H. Relationships of disability, health management and psychosocial conditions to cause-specific mortality among a community-residing elderly people. Journal of Epidemiology 1998;8(4):195-202.
  15. Shinsho F, Tatara K, Nakajima K, Fukuda H, Nishi N, Takatorige T. Does prompt treatment of hypertension after blood pressure check-ups reduce morbidity of cerebrovascular disease?. Environ Health Prev Med 1998;2(4):151-6.
  16. Nakajima K, Nakajima S, Okamura T, Shikanai S, Tatara K. Neurosurgical management of asymptomatic disease through a risk management lens: Basic knowledge of adverse events and medical malpractice litigation. Neurologica Medico-Chirurgica 1998;38:591-3.
  17. Nakajima K, Tatara K, Nakanishi N. Assessment of the zinc turbidity test and the use of risk factors in detecting asymptomatic hepatitis C virus carriers: population based study. BMJ 1997;314:1169.
  18. Fukuda H, Shinsho F, Nakajima K, Takahashi S, Tatara K. Oral health habits and the number of teeth present in Japanese aged 50-80 years. Community Dental Health 1997;14:248-52.
  19. Nakajima K, Bisallion D. Communication issues in the managed care environment. Forum 1996;17(4):6-9.

和文(学術雑誌)

  1. 中島和江, 北村温美. 新しい医療安全へのアプローチ:レジリエンス・エンジニアリング. 大阪透析研究会会誌. 2018;36(2):107-110.
  2. 上間あおい, 三谷 朋, 中島和江. ワールドカフェ方式のワークショッププログラム「医療安全への患者参加」の開発と実施. 医療の質・安全学会誌. 2018;13(2):115-122.
  3. 中島和江. レジリエンス・エンジニアリング理論と外科領域への応用可能性について. 日本外科学会雑誌. 2018;119(2):237-238.
  4. 中島和江. レジリエンス・エンジニアリング理論の医療安全への適用可能性について. 日本泌尿器内視鏡学会誌. 2017;30:54-60.
  5. 安藤亮一, 篠田俊雄, 山川智之, 小島崇宏, 中島和江, 北村温美. 透析における医療安全を考える~医療事故調査制度への対応と医療安全へのレジリエンス・エンジニアリングの導入. 日本透析医学会雑誌. 2016;49(11):727-731.
  6. 中島和江. 医療安全へのレジリエンス・エンジニアリングの適用 ~A Challenge to the Implementation of Resilience Engineering to Facilitate Patient Safety~. 医療の質・安全学会誌. 2016;11(4):422-426.
  7. Carolyn Canfield(著), 徳永あゆみ(訳). Resilient Health Care through Patient Engagement(患者参加を通じたレジリエント・ヘルスケア). 医療の質・安全学会誌. 2016;11(4):437-446.
  8. 中島和江. レジリエンス・エンジニアリングの医療安全への応用 ~日常業務の複雑性を理解し,うまくいくことを増やす~. 日本手術医学会誌 2015;36(3):239-241.
  9. 中島和江. レジリエンス・エンジニアリングの医療安全への展開 ~うまくいっていることから学び,うまくいくことを増やす~. 日本臨床救急医学会雑誌. 2015;18(2):204.
  10. 中島和江. 再生医療における安全・質向上に必要な基礎知識. 日本再生医療学会雑誌. 2014;13(3):40-43.
  11. 南 正人, 高階雅紀, 安藤昌代, 田口恵子, 千賀ゆかり, 加藤貴充, 中島和江. 手術安全チェックリスト運用にむけての工夫. 日本手術医学会誌. 2014;35(2):138-142.
  12. 池尻 朋, 上間あおい, 中島和江, 高橋りょう子, 團 寛子. 医療安全への患者参加支援プログラム阪大病院「いろはうた」の開発と導入. 日本医療マネジメント学会雑誌. 2013;14(3):113-120.
  13. 高橋りょう子. 医療安全から見た小児 rapid response system の評価. 日本集中治療医学会雑誌. 2013;20:563-5.
  14. 中島和江. 医療安全・質改善に関する卒前医学教育. 日本内科学会雑誌. 2012;101:3477-3438.
  15. 中島和江. 専門医の安全を支えるノンテクニカルスキル. 神経治療学. 2012;29(3):295-8.
  16. 中島和江, 本間覚 玉木長良, 金子道夫, 名川弘一, 原田賢治, 長村文孝, 大川淳, 倉林亨, 鳥谷部真一, 後藤百万, 相馬孝博, 武田裕, 高橋りょう子, 森崎市治郎, 前田潔, 江原一雅, 富永隆治. 国立大学附属病院における「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」の利用経験とその評価. 医療の質・安全学会誌. 2011;6(3):332-45.
  17. 中島和江, 高橋りょう子, 清水健太郎. 教育・研究の具体的な取り組み事例ヒューマンファクターズに重点を置いた医療系学生への医療安全教育. 医療の質・安全学会誌. 2011;6(3):379-82.
  18. 團寛子, 上間あおい, 中島和江, 高橋りょう子, 新開裕幸. 看護師のインシデントレポートへの情報提供に影響を与える要因の分析. 日本看護学会論文集 看護管理. 2011;41:209-12.
  19. 染井皎, 中島和江. 医療安全の向上に向けた医療担当者の自律的な取り組みについて~病院における医療安全体制チェック10箇条. 順天堂医学. 2006;52:376-381.
  20. 中島和江, 八田かずよ, 岡本典子, 武田裕. シリンジポンプを用いて投与する注射薬の準備におけるインシデント発生リスクとプレフィルドシリンジ製剤使用の効果. 病院管理. 2004;41(4):245-54.
  21. 中島和江, 松村泰志, 桑田成規, 長浜宗敏, 武田裕. 医療の質評価システム構築を目的とした入院日数の分布とその影響要因に関する分析. 医療情報学. 2003;23(1):15-22.
  22. 中島和江, 松村泰志, 武田裕. 安全で質の高い医療を提供するための診療記録の記載方法と管理体制-大阪大学医学部附属病院における取り組み. 診療録管理. 2002;14(3):18-21.
  23. 中島和江. 特定機能病院における医療事故防止への組織的取り組みの実際-ジェネラルリスクマネジャーとしての立場から. 日本整形外科学会雑誌. 2001;75(9):506-8.
  24. 中島和江, 桑田成規, 松村泰志, 大島比呂志, 武田裕. 医療事故防止のための病院情報システム・イントラネットを利用したインシデントレポーティングシステムの運用とその効果. 医療情報学. 2001;21(1):77-82.
  25. 中島和江. 米国におけるエンドオブライフを取り巻く諸問題. Geriatric Neurosurgery. 1999;11:9-15.
  26. 中西範幸, 多田羅浩三, 中島和江, 高林弘の, 高橋進吾, 楢村裕美, 池田和功. 地域高齢者における尿, および便失禁-出現頻度関連要因と生命予後. 日本公衆衛生雑誌. 1997;44(3):192-200.
  27. 中西範幸, 多田羅浩三, 中島和江, 高林弘の, 楢村裕美, 高橋進吾, 井田修, 村上茂樹, 高鳥毛敏雄. 地域高齢者の生命予後と障害,健康管理,社会生活の状況と関連についての研究. 日本公衆衛生雑誌. 1997;44(2):89-101.

和文

  1. 團寛子. 基本を踏まえて自らの力で考える姿勢を養う. 看護. 2018;70(4):33-40.
  2. 滝沢牧子, 中島和江. レジリエンスエンジニアリングの医療への応用. 治療. 2017;99(12):1522-1527.
  3. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル〜スピークアップとリーダーシップ. 大阪府耳鼻咽喉科医会会報. 2017;87:172-174.
  4. 中島和江. 大学病院の医療の質・安全を担うプロフェッショナル. COML No.283. 2014;283:4-5.
  5. 上間あおい, 中島和江, 髙橋りょう子, 清水健太郎, 團寛子, 新開裕幸, 池尻朋, 池辺良重, 長浜宗敏. 視察記 他業種の取り組みに学ぶ:全日空整備における安全の実践. 医療安全. 2010;23:58-61.

抄録(英文)

  1. Nakajima K, Takahashi R, Uema A, Shimai Y. Introduction of non-technical skills to undergraduate patient safety education for medical and other healthcare students. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2012. http://video.internationalforum.bmj.com/paris-2012/#posters (accessed 12 Jun 2012)
  2. Takahashi R, Nakajima K, Dan H, Iehira Y. Airway risk assessment:untapped patient safety issue in a muliti-disciplinary hospital. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2012. http://video.internationalforum.bmj.com/paris-2012/#posters (accessed 12 Jun 2012)
  3. Ikejiri T, Uema A, Shimizu K, Takahashi R, Nakajima K, Dan H, Iehira Y, Nagahama M, Shimai Y. Nurses' recognition of patient engagement by a hospital-wide intranet questionnaire. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2012. http://video.internationalforum.bmj.com/paris-2012/#posters (accessed 12 Jun 2012)
  4. Nakajima K, Takahashi R, Uema A, Ikejiri T, Shimizu K, Dan H, Shinkai Y. Development and implementation of a hospital-wide patient engagement programme with a culturally accepted tool in a Japanese university hospital. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2011.
  5. Takahashi R, Nakajima K, Shimizu K, et al. Adoption of storytelling approach in patient safety education on procedural sedation during endoscopic interventions. AMEE 2011;Abstract book:464.
  6. Takahashi R, Nakajima K, Fujino Y. Pediatric in-hospital emergency calls in a multi-disciplinary university hospital. Pediatric Critical Care Medicine 2011;12(3)Suppl:149.
  7. Takahashi R, Nakajima K, Kogaki S. Integration of story-telling and simulation to promote rapid response in pediatric wards. Paediatrics Simulation Symposium and Workshops 2010:99.
  8. Shimizu K, Nakajima K, Takahashi R. Simulation of preparing emergency items in the patient safety round to improve emergency responses. Simulation in Healthcare 2010.
  9. Nakajima K, Takahashi R, Shimizu K, Dan H, Uema A, Ikejiri T, Nagahama M, Ikebe Y. Development of story-telling styled educational material to improve team performance for patient safety. International forum on Quality and Safety in Health Care 2010. http://internationalforum.bmj.com/doc/2010/posters/
    ET_Nakajima_Development_of_storytelling_styled.pdf
    (accessed 12 Jun 2012)
  10. Shimizu K. Analysis of hospital-wide medical emergency system by intensive care specialists in a Japanese university hospital. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2010. http://internationalforum.bmj.com/posters/forum-posters-2010/acute-critical-care/acute-critical-care/ (accessed 12 Jun 2012)
  11. Nagahama M, Okamura S, Ueda K, Irie M, Oiso K, Kitamura J, Nishiyama K, Murano H, Yamamoto M, Yoshino T, Yamada H, Tanigawa M. Results of health records audit of 40 Japanese university hospitals to develop documentation guidelines for physicians. International Federation of Health Records Organizations 2010:40
  12. Nakajima K, Takahashi R, et al. A hospital-wide M&M conference with multidisciplinary members in a Japanese university hospital. International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2009.
  13. Takahashi R, Bessho K, Nakajima K. Pediatric in-hospital emergency management training: rapider response through simulation. Simulation in Healthcare 2009:170.

抄録(和文)

  1. 中島和江. 医療安全のパラダイムシフト:レジリエンス・エンジニアリング. 日本安全学教育研究会誌 vol.9. 2016;19-20.
  2. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル~スピークアップとリーダーシップ. 日本職業・災害医学会会誌. 2014;62:別57.
  3. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル~スピークアップとリーダーシップ. 日本救急医学会雑誌. 2014;25(8):350.
  4. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル~スピークアップとリーダーシップ~. 第41回日本肩関節学会. 2014;42.
  5. 中島和江. レジリエンス・エンジニアリングの医療への応用~うまくいっていることから学ぶ~. 第2回看護理工学学会学術集会. 2014;19.
  6. 中島和江. 患者と医療チ-ムの安全を支えるノンテクニカルスキルースピークアップとリーダーシップ. 第3回日本小児診療多職種研究会. 2014;21.
  7. 中島和江. 患者と医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル:スピークアップとリーダーシップ. 第19回日本緩和医療学会学術大会. 2014;126.
  8. 中島和江. 医療安全への患者参加推進プログラム「阪大病院いろはうた」. 日本医療マネジメント学会雑誌. 2014;15:132.
  9. 中島和江. 医療の質・安全に関する卒後実践教育へのチャレンジ. 医療安全実践教育研究会誌. 2014;1:14-17.
  10. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル. 日本再生医療学会 第1回再生医療資格認定セミナー. 2014;79-102.
  11. 中島和江. 専門医の安全を支えるノンテクニカルスキル:スピークアップとリーダーシップ. 第8回日本病院総合診療医学会学術総会. 2014;33.
  12. 中島和江. 「臨床家によるQuality Improvement:~質の測定・システム再設計・行動変容」. 第29回全国国公立大学病院集中治療部協議会議事録. 2014;9-12.
  13. 中島和江. 「臨床における前進・撤退の決断とノンテクニカルスキル」. 整形外科と災害外科. 2013;62(4):11.
  14. 中島和江. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル:スピークアップからはじめよう. 日本口蓋裂学会雑誌. 2013;38(2):137-138.
  15. 中島和江, 池尻 朋, 上間あおい, 團 寛子, 高橋りょう子, 圓見千代, 服部高子, 田中宏明. 医療安全への患者参加プログラム「阪大病院いろはうた」. 医療の質・安全学会誌 2013;8(Suppl):165.
  16. 團 寛子, 圓見千代, 田中宏明, 服部高子, 上間あおい, 池尻 朋, 長浜 宗敏, 高橋りょう子, 中島和江. 患者確認に関する医療安全教育の効果. 医療の質・安全学会誌 2013;8(Suppl):219.
  17. 中島和江. 臨床における前進・撤退の決断とノンテクニカルスキル. 第126回 西日本整形・災害外科学会学術集会 2013;62(Suppl.2):11.
  18. 中島和江. 第12回医療安全・医療倫理に関する講演会 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル. The 77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2013:593.
  19. 島井良重, 中島和江, 上間あおい, 長浜宗敏, 高橋りょう子, 團寛子, 清水健太郎, 家平裕三子, 池尻朋. 大学病院における診療と学習の両立を目指したeラーニングシステムの開発~医療安全教育のPDSA支援~. 新しい医療教育の流れ'12冬 第43回医学教育セミナーとワークショップの記録 2012:98.
  20. 高橋りょう子, 中島和江. 大阪大学医学部附属病院における小児の鎮静の安全確保への取り組み:現状と課題. 日本小児科学会雑誌 2012;116(2):432.
  21. 清水健太郎, 中島和江, 高橋りょう子, 入澤太郎, 嶋津岳士, 藤野裕士. シンポジウム:院内における医療安全と集中治療のかかわり-院内急変対応における病院全体の医療の質・安全向上への取り組み. 日本集中治療医学会雑誌 2012;19(Suppl):133.
  22. カヴェー・G・ショジャーニア, 中島和江. 国際招待シンポジウム:医療の質を改善するための介入計画と学術報告に求められる重要なステップ. 医療の質・安全学会誌 2011;6(Suppl):65-8.
  23. 中島和江, 江原 一雅. 国際医療の質・安全学会2011 遠隔地参加プログラム-より良い医療を,より安全に,より低コストで. 医療の質・安全学会誌 2011;6(Suppl):105.
  24. 中島和江, 上間あおい, 池尻朋, 高橋りょう子, 團寛子, 清水健太郎, 長浜宗敏, 池辺良重, 家平裕三子. 教育講演:医療および医療安全への患者参加-国内外の知見と実践. 医療の質・安全学会誌 2011;6(Suppl):108.
  25. 池辺良重, 中島和江, 高橋りょう子, 團寛子, 清水健太郎, 上間あおい, 池尻朋, 長浜宗敏. 医療安全教育の評価・フィードバックにおける情報処理技術の活用と成果. 医療の質・安全学会誌 2011;6(Suppl):167.
  26. 高橋りょう子, 中島和江. 大阪大学医学部附属病院における小児の鎮静の現状と課題. 日本小児麻酔学会雑誌 2011;116(2):432.
  27. 清水健太郎, 中島和江, 高橋りょう子, 入澤太郎, 田崎修, 嶋津岳士. チーム医療における救急の役割と展開-医療安全の観点から. 日本救急医学会雑誌 2011;2(8):404.
  28. 清水健太郎. シンポジウム:医療とリスク管理-医療安全における栄養管理の重要性. 日本医学会総会 2011:403. http://www.isoukai2011-search.jp/top/paper_details/833 (参照2012-06-20)
  29. 新開裕幸, 團寛子, 能芝範子, 上間あおい, 池尻朋, 清水健太郎, 高橋りょう子, 中島和江. テクニカルスキルとノンテクニカルスキルを取り入れた「看護師の急変対応能力向上」教材の作成. 日本集中治療医学会雑誌 2011;18(Suppl):410.
  30. 長浜宗敏, 上田郁奈代, 藤井歩美, 大磯清仁, 藤本容子, 初山貴, 入江真行, 岡村信一, 武田裕. 大学病院における診療情報管理の標準化と質の向上への取り組み(電子カルテ運用の現状調査とガイドライン作成に向けて). 日本診療情報管理学会誌 2011;23(2):167.
  31. 長浜宗敏, 中島和江, 村田泰三, 堀島裕之, 池辺良重. 部門間連携に重点を置いたクオリティ・インディケータの精度向上に向けた取り組み. 日本診療情報管理学会誌 2011;23(2):281.
  32. 長浜宗敏, 中島和江, 村田泰三, 堀島裕之, 池辺良重, 清水健太郎, 高橋りょう子, 團寛子, 新開裕幸, 上間あおい, 池尻朋, 松村泰志. 「診療情報管理士の医療の質・安全への関わり」部門間連携クオリティインディケータの精度管理. 平成22年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集 2011:135-7.
  33. 池辺良重, 長浜宗敏, 中島和江. 医療安全を目的とした注射実施入力に関する定量的分析. 日本診療情報管理学会誌 2011;23(2):276.
  34. 池辺良重, 長浜宗敏, 上間あおい, 中島和江, 高橋りょう子, 團寛子, 清水健太郎, 新開裕幸, 池尻朋. 医療安全講習会の受講率向上を目指したe-learning systemの実用. 平成22年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集 2011:443-6.
  35. 高橋りょう子, 清水健太郎, 田崎修, 藤野裕士, 中島和江. ワークショップ:日本におけるRapid Response System: possible or impossible?-Utstein方式準拠記録に基づく院内救急体制の検証と今後の課題. 日本集中治療医学会雑誌 2010;17(Suppl):253.
  36. 高橋りょう子. パネルディスカッション:Rapid response System:日本の現状から国際標準に向かって-大阪大学医学部附属病院における院内救急対応システムの現状と課題. 日本臨床救急医学会雑誌 2010;15(2):185.
  37. 新開裕幸, 團寛子, 上間あおい, 池尻朋, 能芝範子, 谷浦葉子, 清水健太郎, 高橋りょう子, 中島和江. 看護師の急変対応能力向上に関する院内研修の構築. 医療の質・安全学会誌 2010;5(Suppl):175.
  38. 上間あおい, 池尻朋, 中島和江, 團寛子, 清水健太郎, 新開裕幸, 長浜宗敏, 池辺良重. 患者安全への患者参加支援ツール導入における看護師へのインストラクション教材とその効果. 医療の質・安全学会誌 2010;5(Suppl):196.
  39. 池辺良重, 上間あおい, 長浜宗敏, 中島和江, 高橋りょう子, 團寛子, 清水健太郎, 新開裕幸, 池尻朋. 複数ネットワークからのアクセスとユーザー情報管理の自動化を実現したeラーニングシステムの構築. 医療の質・安全学会誌 2010;5(Suppl):151.
  40. 上間あおい, 池辺良重, 長浜宗敏, 中島和江, 高橋りょう子, 清水健太郎. 医療機関における職員教育の特性を踏まえたeラーニングシステムの開発. 日本医療マネジメント学会雑誌 2010;11(Suppl):327.
  41. 池尻朋, 中島和江, 上間あおい, 團寛子, 清水健太郎, 高橋りょう子, 新開裕幸, 池辺良重. 医療安全への患者参加支援ツール「いろはうたファイル」の開発. 日本医療マネジメント学会雑誌 2010;11(Suppl):337.
  42. 池辺良重, 上間あおい, 長浜宗敏, 中島和江, 高橋りょう子, 桑田成規, 團寛子, 清水健太郎, 新開裕幸, 池尻朋, 武田理宏, 松村泰志. 医療現場に適したe-learning systemのデザインとその実現方法. 日本医療情報学会春季学術大会プログラム抄録集. 2010:114.
  43. 中島和江. シンポジウム:医療は安全になったか-医療機関における医療安全へのこれまでの取り組みとこれからのチャレンジ. 医療の質・安全学会誌 2009;4(Suppl):51.
  44. 高橋りょう子. 教育講演:臨床ヒューマンファクターズ-家族を医療事故で亡くしたパイロットの挑戦. 医療の質・安全学会誌 2009;4(Suppl):100.
  45. 清水健太郎, 高橋りょう子, 新開裕幸, 池辺良重, 團寛子, 中島和江. 電子カルテの現状と問題点. 医療の質・安全学会誌 2009;4(Suppl):179.
  46. 新開裕幸, 團寛子, 高橋りょう子, 清水健太郎, 池辺良重, 中島和江. 看護師が報告したインシデントレポートの有用性と看護師経験年数の検討. 医療の質・安全学会誌 2009;4(Suppl):112.
  47. 池辺良重, 中島和江, 松村泰志, 團寛子, 高橋りょう子, 清水健太郎, 新開裕幸, 武田裕. 病院情報システムに関連したリスクおよび医療安全支援機能に関する分析. 医療の質・安全学会誌 2009;4(Suppl):111.
  48. 高橋りょう子, 中島和江. 院内救急小児例への対応:Utstein方式に準じた記録を用いたシステムの検証. 日本小児科学会雑誌 2009;113(2):299.
  49. 高橋りょう子, 内山昭則, 平尾収, 大田典之, 後藤幸子, 大橋祥文, 藤野裕士, 真下節. 大阪大学医学部附属病院集中治療部における増床前後での入室状況の変化. 日本集中治療医学会雑誌 2009;16(Suppl):256.
  50. 高橋りょう子, 藤野裕士. 大阪大学医学部附属病院における院内救急小児例への対応とその課題. 日本小児麻酔学会誌 2009;15(1):126.
  51. 高橋りょう子. 教育講演:院内の救急医療体制の構築に向けて-院内救急における早期対応:Rapid Response Systemの導入. 日本循環器学会総会学術集会コメディカルセッションプログラム抄録集 2009:62.
  52. 池辺良重, 中島和江, 松村泰志, 團寛子, 高橋りょう子, 清水健太郎, 新開裕幸, 武田裕. インシデントレポートから見た病院情報システムのリスクと役割. 医療情報学連合大会論文集 2009;29:778-9.
  53. 中島和江. ワークショップ:医学教育学会/医療の質・安全学会合同ワーキンググループ医療安全に関する医学部教育のあり方-安全管理者が担当する卒前教育の現状. 医学教育学会 2008;39(Suppl):40.
  54. 中島和江. シンポジウム:医療機関における自浄的医療事故調査のあり方について-医療安全の向上を目的とした病院横断的多職種ピアレビューとその効果. 医療の質・安全学会誌 2008;3(Suppl):77.
  55. 中島和江. シンポジウム:医療の質と安全確保のための医学教育-医療安全管理者が担当する医療安全教育. 医療の質・安全学会誌 2008;3(Suppl):80.
  56. 中島和江. シンポジウム:日々の医療の質・安全活動を研究・報告につなげていくにはどうすればよいか?-国際学会にいってみよう. 医療の質・安全学会誌 2008;3(Suppl):82.
  57. 高橋りょう子, 清水健太郎, 田崎修, 藤野裕士, 中島和江. 大阪大学医学部附属病院における院内救急体制:Utstein方式に準じた記録を用いたシステムの検証と今後の課題. 医療の質・安全学会誌 2008;3(Suppl):176.
  58. 團寛子, 中島和江, 武田裕, 東堤忠勝, 高橋りょう子, 岡田美紀. 国公私立大学附属病院リスクマネジャー研修から見る今後の医療安全教育の方向性. 医療の質・安全学会誌 2008.3(Suppl):196.
  59. 中島和江, 高橋りょう子, 團寛子, 上田郁奈代, 武田裕, 山崎竹視, 皆川芳輝, Ma Xiaojun. 臨床評価指標のデータ抽出及び算出プロセスに関する分析. 医療の質・安全学会誌 2008;3(Suppl):201. 
  60. 高橋りょう子, 藤野裕士. 大阪大学医学部附属病院における院内救急体制:Utstein方式に準拠した記録に基づくシステムの検証. Jornal of Anesthesia 2008;22(Suppl):82.
  61. 岡田美紀, 團寛子. 7対1看護体制前後での「見守りによって防止できた転倒転落インシデント」の変化. 日本医療マネジメント学会雑誌 2008;9(1):188.
  62. 中島和江. シンポジウム:医療安全教育-Eラーニングを使用した安全管理教育. 医学教育学会 2007;38(Suppl):16.
  63. 中島和江. ワークショプ:医療安全の観点から見たヘルス・プロフェショナルズの人材育成-卒前・卒後教育における医療安全教育. 医療の質・安全学会誌 2007;2(Suppl):75.
  64. 中島和江. ワークショプ:医療の質・安全の取組みの現在-病院の取組み-国立大学病院医療安全管理協議会における医療安全への取り組み. 医療の質・安全学会誌 2006;1(Suppl):58.

著書・訳書

  1. 中島和江. 医療安全へのアプローチ:Safety-IとSafety-II. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための周術期危機管理と合併症への対応. 横山正尚(専門編集), 森田潔(監修). 中山書店,2016;2-11.
  2. Nakajima K, Masuda S and Nakajima S. Exploring Ways to Capture and Facilitate Work-as-Done That Interact with Health Information Technology. In : Robert LW, Erik H, Jeffrey B, editors. Resilient Health Care, Volume 3: Reconciling Work-as-Imagined and Work-as-Done. CRC Press; 2016.P.61-69.
  3. 中島和江. 医療安全への新しいアプローチ:レジリエンス・エンジニアリング. 医療安全管理実務者標準テキスト. 一般社団法人 日本臨床医学リスクマネジメント学会(監修). 日本臨床医学リスクマネジメント学会テキスト作成委員会(編集). へるす出版, 2016;46-49.
  4. 中島和江. 安全で適切な医療とその対策. 医療情報 医学・医療編, 第5版. 一般社団法人 日本医療情報学会医療情報技師育成部会(編集). 篠原出版新社, 2016;100-106.
  5. 中島和江他. 第2部 医療事故調査制度が正しく運用されるには. 有賀徹・水谷渉(編著). 賢者の規範「医療事故調査制度」. へるす出版, 2016;58-156.
  6. エリック・ホルナゲル,ジェフリー・ブレイスウェイト,ロバート・ウィアーズ編著;中島和江訳. レジリエント・ヘルスケア―複雑適応システムを制御する―. 大阪大学出版会;2015.
  7. Nakajima K. Blood Transfusion with Health Information Technology in Emergency Settings from a Safety-II Perspective. In : Robert LW, Erik H, Jeffrey B, editors. Resilient Health Care, Volume 2: The Resilience of Everyday Clinical Work. Ashgate; 2015.P.99-113.
  8. 田中宏明(共著)他. 組織で保証する医療の質QMSアプローチ. 株式会社学研メディカル秀潤社. 2015; 94-107.
  9. 中島和江. 医療安全とノンテクニカルスキル. 目でみる救命救急医療. 2014;1(1):159-160.
  10. 中島和江.医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキル.患者とともにある医療-患者と医療提供者の新たな信頼関係とは-.東京医科大学再生プロジェクトチーム委員会(編集). メジカルビュー,2013;169-183.
  11. 高橋りょう子・中島和江(共著)他. RRS. 院内救急対応システム 医療安全を変える新たなチーム医療. 児玉貴光・藤谷茂樹(監修). メディカル・サイエンス・インターナショナル,2012;43-49.
  12. 中島和江. 医療安全-医療事故を防ぐさまざまな取り組み. 千代豪昭・黒田研二(編著). 学生のための医療概論. 第3版 増補版, 医学書院, 2012;91-101.
  13. 一般社団法人日本救急医学会・中島和江(監訳). 有害事象の報告・学習システムのためのWHOドラフトガイドライン-情報分析から実のある行動へ. へるす出版, 2011.
  14. 中島和江(編著) 他. 医療・病院管理用語事典(新版). 日本医療・病院管理学会学術情報委員会(編集). 市ヶ谷出版社, 2011.
  15. 中島和江・児玉安司(編著), 團寛子・上間あおい・新開裕幸・高橋りょう子・清水健太郎・池尻朋・武田裕・安藤恒三郎・原田賢治・宮田哲郎・阿部篤子・後 信・對馬かな子・ロバート B. レフラー(共著). 医療安全ことはじめ. 医学書院, 2010.
  16. 中島和江.安全で適切な医療の概要・対策.新版医療情報-医学・医療編.篠原出版社,2010;142-149.
  17. 中島和江. 医療安全管理と施設管理. 医療情報 医学・医療編. 2010;1(3):142-149.
  18. 森本剛・中島和江・種田憲一郎・柳田国夫(編著). 医療安全学. 日本医学教育学会/医療の質・安全学会合同ワーキンググループ(監修). 篠原出版新社, 2010.
  19. 中島和江. 手術部における医療安全.手術室看護の知識と実際.メディカ出版,2009;263-279.
  20. 中島和江. 医療安全-医療事故を防ぐさまざまな取り組み. 千代豪昭・黒田研二(編著). 学生のための医療概論. 第3版, 医学書院, 2010:90-100.
  21. 中島和江(共著) 他. 古川裕之・土屋文人(編著). 薬学生のための医薬品安全管理入門. 医学書院, 2007;13-25.
  22. 中島和江(共著) 他. 伏木信次・樫則章・霜田求(編著). 生命倫理と医療倫理-医療機関における医療安全への取り組みの現状と課題. 金芳堂, 2004;196-207.
  23. 中島和江(共著) 他. 医療安全用語事典-院外報告制度,インシデント,インシデントレポート,インシデントレポートシステム,フェールセーフ,フェールプルーフ. エルゼビア・ジャパン, 2004;18-19,95.
  24. 中島和江(共著) 他. 行待武生(監著). ヒューマンエラー防止のヒューマンファクターズ-医療安全管理体制の現状と課題. テクノシステム, 2004;529-543.
  25. 中島和江(共著) 他. 新しい医療を拓く-患者の安全-医療の現状と課題. 藤原研司(編集). 医学書院, 2003;151-163.
  26. 中島和江(共著) 他. 井上通敏・森脇要(編著). 21世紀の病院医療-病院経営とリスクマネジメント-診療情報管理とリスクマネジメント. 南光堂, 2003;174-186.
  27. 中島和江. クリニカルリスクマネジメント-医療における安全管理体制. 千代豪昭・黒田研二(編著). 学生のための医療概論. 第2版, 医学書院, 2003;83-94.
  28. 中島和江・八田かずよ・武田裕(編著). クリニカルリスクマネジメント ナーシングプラクティス. 文光堂, 2003.
  29. 中島和江(共著) 他. 日常診療に役立つ医療ガスと危機管理-医療におけるリスクマネジメントの確立と運営. 並木昭義・山蔭道明(編集). 真興交易医書出版, 2002:191-203.
  30. 中島和江(共著) 他. 中島精三(編著). 手術室看護の知識と実際-手術部におけるクリニカルリスクマネジメント. メディカ出版, 2002:207-226.
  31. 中島和江(共著) 他. 医療・病院管理用語事典-診療情報提供(診療記録開示). エルゼビア・サイエンスミクス, 2001:147.
  32. 中島和江, 児玉安司. ヘルスケアリスクマネジメント-医療事故防止から診療記録開示まで. 医学書院, 2000.