患者さんと一緒につくる安全な医療「いろはうた」(医療安全への患者参加プログラム)

本院では、患者さんの医療および医療安全への積極的な参加をお手伝いし、患者さんと医療者とのパートナーシップ(協働)を深めることを目的に、2010年から、阪大「いろはうた」に取り組んでいます。検査や治療の際に、患者さんご自身から名前を伝えてもらうことなど、安全な入院生活を過ごしていただくためのポイントについて、7つの句とイラストにしました。これらをまとめたファイルを入院患者さんにお配りし看護師から説明しています。また、ベッドサイドのテレビで無料番組を放送しています。

阪大病院「いろはうた」オリジナルツール

テレビ「いろはうた」


クリックすると動画が始まります

 


クリックすると動画が始まります

 


クリックすると動画が始まります

ファイル


クリックすると拡大します

 


クリックすると拡大します

 


クリックすると拡大します

説明用紙


クリックすると拡大します

 


クリックすると拡大します

 


クリックすると拡大します

詳しくは中央クオリティマネジメント部のホームページをご覧ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-cqm/ingai/instructionalprojects/partnership/iroha01/index.html

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。