1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 重症肺嚢胞性疾患に対する胎児診断・治療が行われました

重症肺嚢胞性疾患に対する胎児診断・治療が行われました2016年06月23日

本院胎児診断治療センターは、重症の先天性肺形成異常を持つ児に、出生前の胎児治療を行い、出生後に心臓と肺の補助装置を使用し、病変肺切除を含む集学的な治療を行いました。その結果、患者さんは5月後半に後遺症を残さず元気に退院することができました。
この一連の治療法はそれぞれに高度な技術を要するため、国内では施行可能な施設は非常に限られます。
本院では、このような集学的治療法が同様の疾患を持つ胎児や家族の新たな選択肢の一つになるよう、安全適切な医療を提供していきます。

治療内容の詳細は以下の関連ファイルをご覧ください。

関連するファイルはこちら
ファイルダウンロード(264KB)

トップページに戻る

お知らせ
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の 紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。