1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 第1回国際共同臨床研究推進シンポジウムを開催しました

第1回国際共同臨床研究推進シンポジウムを開催しました2017年03月15日

 3月4日(土)、東京都内の会場にて「―国際共同臨床研究推進拠点始動-臨床研究のグローバル化に向けて」と題した第1回国際共同臨床研究推進シンポジウムを開催しました。

 本シンポジウムは、本院と国立がん研究センター中央病院との共催で、日本医療研究開発機構 国際共同臨床研究実施推進事業の一環として、同機構に後援をいただき、臨床研究中核病院をはじめとした関係医療機関の方々の情報共有を行う場として、欧州・アジアからも講師をお招きして開催されました。

 冒頭、本院野口 眞三郎病院長の挨拶を皮切りに、第一部では「我が国の国際臨床研究の取り組み」をテーマに、厚生労働省と日本医療研究開発機構からご講演をいただきました。続いて、国立がん研究センター中央病院の中村 健一先生が「国立がん研究センター中央病院における国際共同臨床研究の推進」について、本院未来医療開発部中谷 大作特任准教授が「大阪大学医学部附属病院における国際共同臨床研究に関する取り組み」について、それぞれ紹介を行いました。

 また、第二部の特別講演では、欧州における臨床研究基盤支援組織であるEuropean Clinical Research Infrastructure Network(ECRIN)からJacques DEMOTOES先生を、そして韓国・延世大学医学部からはMin Soo PARK先生をお招きし「医師主導国際共同臨床研究、海外の取り組み」についてご講演いただきました。

 パネルディスカッションでは、先端医療振興財団臨床研究情報センターの西村 勉先生より「国際共同臨床研究の課題と展望」と題したご講演を受け、国際共同臨床研究を実施する際の課題である研究資金の国境越えや、各国の規制の違いに関する取り組み等、活発な意見交換がなされました。

 今回は、半日という短い期間ではありましたが、関係機関から100名を超える参加者を迎え、会場は熱気を帯び、有意義な情報交換の場となりました。参加者からは、国際共同臨床研究に関する高い関心と好意的な意見を得、次回のシンポジウムを望む声も多く聞かれ、大好評のうちに閉会しました。

関連するファイルはこちら
第1回国際共同臨床研究推進シンポジウムチラシ(575KB)

トップページに戻る

お知らせ
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の 紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。