代表的な検査について

放射線部トップ > 代表的な検査について「乳房X線撮影」

乳房X線撮影(マンモグラフィ)

マンモグラフィ

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳房X線撮影のことで、専用の装置を用いて撮影します。乳房を撮影するのに適したX線を用いる事で、乳房の異常を写し出すことができます。特に、1mm以下の小さな石灰化(がんのサイン)を写しだすことができ、しこりとして触れないような早期の乳がんを診断することができます。また乳がんなどの悪性の病気だけでなく、良性のものも写ります。良性か悪性かは、写った影がどんな大きさや形をしているか、乳腺より白く写るかなどの特徴をみて診断されます。
マンモグラフィは、乳房を圧迫して撮影します。また、気になるほうの乳房だけでなく、左右両方の乳房を撮影します。
乳がんの画像診断には、マンモグラフィの他にエコー(超音波装置)なども用いられます。乳がんによってはエコーを用いたほうが診断しやすい場合などもありますので、両方受けていただいたほうが、より診断精度が高くなるといえます。

検査を受ける方へ

  • 上半身は裸になっていただきます。また、眼鏡やネックレスをはずしていただき、髪の毛が写らないようにまとめていただきます。
  • 制汗剤やパウダーは、誤って病変のように写ってしまうことがありますので、拭き取っていただきます。
  • 以前に豊胸手術やペースメーカーの埋め込み術を受けられた方は、撮影前に申し出てください。
  • 乳房を圧迫して撮影しますが、我慢できない場合は遠慮なくお知らせください。
  • 撮影終了後はフィルムの確認を行いますので、更衣室でお待ちください。
  • 検査時間は更衣から撮影終了まで約10分から15分程度です。

乳腺バイオプシー検査(マンモトーム生検)

乳腺バイオプシー検査(マンモトーム生検)

マンモグラフィで乳がんが疑われる部位に対し、専用の針を用いて組織を吸引し採取する検査です。
まず、うつ伏せで寝ていただき、乳房を固定します。次に、簡単な局所麻酔を行い、専用の針を穿刺します。針先の開口部より組織を吸引し採取します。得られた組織を病理診断し、がんかどうかを診断します。検査時間は約20分から30分程度です。検査結果は、後日外来診察時にお伝えいたします。

よくある質問

なぜ、左右両方撮影するの?
乳房の中には乳腺や脂肪などが含まれており、人によりさまざまな分布をしています。しかし、左右の乳房は似たような分布をしており、同じように撮影した左右の写真を比較することで異常な影が探しやすくなります。
なぜ、強く押さえるの?
押さえずにそのまま撮影すると、乳腺や脂肪の重なりにより乳がんが写りにくくなります。圧迫して乳房の組織を広げることによって鮮明な写真となり、乳がんを発見しやすくなります。また、薄くすることでX線の量を少なくできるという効果もあります。
検査の待ち時間は?
検査時間は、一人あたり10分から15分程度かかります。検査室前の番号案内に表示されている人数を見ていただければ、おおよその待ち時間が分かります。特に11時から13時ごろは混雑するため、1時間以上待っていただく事もあります。待ち時間中、お食事に行っていただいても結構ですので、戻られましたら受付でその旨をお伝えください。