トップページ > 教育・研究活動 > Journal club(水曜会)

Journal club(水曜会)

 

このページでは、毎週水曜日9:30-10:00にオンラインで開催しているジャーナルクラブ(水曜会)で扱った論文を紹介しています。水曜会には日本全国の施設から多職種が参加し、医療の質と安全に関する海外の最新知見、研究手法等を学び、多様な視点での議論を通じて、日々の臨床・教育・研究の実践に活かしています。

参加施設
大阪大学医学部附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、倉敷中央病院、宮崎大学医学部附属病院、広島大学病院、鳥取大学医学部附属病院、関西医科大学、埼玉医科大学総合医療センター、福島県立医科大学

 

2024年度

  紹介論文 実施日 担当者
112 Honarmand K, Wax RS, Penoyer D, Lighthall G, Danesh V, Rochwerg B, et al. Society of Critical Care Medicine Guidelines on Recognizing and Responding to Clinical Deterioration Outside the ICU: 2023. Crit Care Med. 2024年7月17日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
111 Kelsey EA. Joy in the Workplace: The Mayo Clinic Experience. Am J Lifestyle Med. 2023;17(3):413-7. 2024年7月10日
大阪大学医学部附属病院
北村温美 医療安全のための第4の目標とされる“Joy in Work”
について、その考え方や実施のためのツール、評価方法
を紹介しました。
110 Groenewegen A, Muilekom MMv, Sieben CHAM, Luijten MAJ, Janssen SL, Venema-Taat N, et al. The Amsterdam PROM Implementation Strategy: Policy and Pathway. NEJM Catalyst. 2024;5(7):CAT.23.0414. 2024年7月3日
埼玉医大総合医療センター
滝沢牧子 患者報告アウトカム測定を電子カルテに実装
して活用するための戦略的取り組み。多職種
でニーズに合わせた支援を行うセンターを
設置したアムステルダムからの報告
109 Wang B, Manskow US. Health professionals' experience and perceived obstacles with managing patients' medication information in Norway: cross-sectional survey. BMC Health Serv Res. 2024;24(1):68. 2024年6月26日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹 全国的な「投薬リスト」の共有化は、安全な
投薬、業務効率化に寄与する可能性。本邦に
も類似システムがあり、医療者・患者がどの
ように関与し、効果的に運用していくべきか
検討が必要と思われる。
108 Marijon E, Karam N, Jost D, Perrot D, Frattini B, Derkenne C, et al. Out-of-hospital cardiac arrest during the COVID-19 pandemic in Paris, France: a population-based, observational study. Lancet Public Health. 2020; 5(8):e437-e43. 2024年6月19日
福島県立医科大学
安部猛 パリ近郊における、院外心停止アウトカムと
パンデミックとの関連を即時発表した論文。
イベント発生前後のマッチングの方法論と
しても参考になる知見である。
107 Dathe K, Frank J, Padberg S, Hultzsch S, Beck E, Schaefer C. Fetal adverse effects following NSAID or metamizole exposure in the 2nd and 3rd trimester: an evaluation of the German Embryotox cohort. BMC Pregnancy Childbirth. 2022;22(1):666. 2024年6月12日
広島大学病院
鴫田江理嘉 妊娠28週未満のNSAIDs投与の安全性について。妊娠中における
NSAIDsのリスクに関する新たなエビデンスが欧州で検討され、
結果をもとに、妊娠20週以降の妊婦への全身性NSAIDsは最小
用量・最短期間の処方とすべきとの提言が出された
106 Wilson L, Gress AF, Frassetto L, Sarathy H, Gress EA, Fissell WH, et al. Patient Preference Trade-offs for Next-Generation Kidney Replacement Therapies. Clin J Am Soc Nephro. 2024;19(1):76-84. 2024年6月5日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
中野雅友樹 患者の生活に直結する腎代替療法において患者の嗜好に
沿ったデバイスはまだ少ない。次世代型腎代替療法に
患者は何を求めるのか。マーケティングの分析ツールを
用いて腎不全患者の嗜好を調査した初めての研究論文
105 Feldman J, Hochman KA, Guzman BV, Goodman A, Weisstuch J, Testa P. Scaling Note Quality Assessment Across an Academic Medical Center with AI and GPT-4. NEJM Catalyst Innovations in Care Delivery. 2024;5(5):CAT. 23.0283. 2024年5月29日
関西医科大学
徳永あゆみ 診療記録の質向上、decision support機能を期待して、AIに
よる診療記録の質評価システムを開発した。ユニット長向けには
部署ごとの評価結果の可視化、各ユーザー向けには不足部分につ
いてAIからのメッセージが発報されるが、これにより、患者ケ
アにもよい影響を与えた。さらに、システム開発省力化を目的と
してGPT-4の活用可能性も検討し、一定の評価が得られた。
104 Dooley MJ, Wiseman M, McRae A, Murray D, Van De Vreede M, Topliss D, et al. Reducing potentially fatal errors associated with high doses of insulin: a successful multifaceted multidisciplinary prevention strategy. BMJ Qual Saf. 2011;20(7):637-44. 2024年5月22日
倉敷中央病院
小林宏太朗 インスリン誤投与を回避する策を病院グループで実装した
取り組みの論文。短時間作動型インスリンは25単位、それ
以外のインスリンは50単位を超えたら処方医以外が確認す
るという「50/25 rule」スローガンはキャッチー。他にも
様々な手段を講じているが、10倍投与などの致命的なイン
スリン誤投与撲滅はなかなか難しい。
103 Abboud J, Shaikh N, Moosa M, Dempster M, Adair P. Increasing venous thromboembolism risk assessment through a whole hospital-based intervention: a pre-post service evaluation to demonstrate quality improvement. Int J Qual Health Care. 2024;36(1). 2024年5月15日
宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典 病院全体をベースとした介入を通じての静脈血栓塞栓症のリスク評価の強化の
ために、PDCAを回して、改善していくプロセスを論文化しています。静脈血栓
塞栓症(VTE)は、入院患者の罹患率と死亡率の主な原因であり、入院患者の
VTEリスク評価、予防対策を行えば、VTE発生率が低下し、安全になると思われ
ています。介入により、VTEリスク評価の記録率は向上し、改善傾向が15か月間
持続し、VTE発生率は統計的に有意ではないがわずかに減少したとの報告です。
102 Klotz R, Mihaljevic AL, Kulu Y, Sander A, Klose C, Behnisch R, et al. Robotic versus open partial pancreatoduodenectomy (EUROPA): a randomised controlled stage 2b trial. Lancet Reg Health Eur. 2024;39:100864. 2024年5月8日
大阪大学医学部附属病院
長谷川慎一郎
101 Forbes J, Arrieta A. Comparing hospital leadership and front-line workers' perceptions of patient safety culture: an unbalanced panel study. BMJ Lead. 2024. 2024年5月1日
関西医科大学
宮崎浩彰 米国の安全文化調査を分析したところ、病院幹部と現場
スタッフでは患者安全文化におけるいくつかの項目に
おいて認識の違いが明らかになった。これらのギャップ
を埋めるためのいくつかの介入が有望視されている。
100 Mahendran V, Turpin L, Boal M, Francis NK. Assessment and application of non-technical skills in robotic-assisted surgery: a systematic review. Surg Endosc. 2024;38(4):1758-74. 2024年4月24日
鳥取大学医学部附属病院       
谷口雄司 ロボット手術では、コミュニケーションなど
ノンテクニカルスキルに関する特有の問題点
があり、それらに対する更なる研究が必要で
ある
99 Reed JE, Johnson JK, Zanni R, Messier R, Asfour F, Godfrey MM. Quality of locally designed surveys in a quality improvement collaborative: review of survey validity and identification of common errors. BMJ Open Qual. 2024;13(1). 2024年4月17日
広島大学病院
渡谷祐介
98 Parisi R, Lau YS, Bower P, Checkland K, Rubery J, Sutton M, et al. Predictors and population health outcomes of persistent high GP turnover in English general practices: a retrospective observational study. BMJ Qual Saf. 2023;32(7):394-403. 2024年4月3日
大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗

2023年度

  紹介論文 実施日 担当者
97 Huang J, Neill L, Wittbrodt M, Melnick D, Klug M, Thompson M, et al. Generative Artificial Intelligence for Chest Radiograph Interpretation in the Emergency Department. JAMA Netw Open. 2023;6(10):e2336100.

Nam JG, Hwang EJ, Kim J, Park N, Lee EH, Kim HJ, et al. AI Improves Nodule Detection on Chest Radiographs in a Health Screening Population: A Randomized Controlled Trial. Radiology. 2023;307(2):e221894.
2024年3月27日
倉敷中央病院
橋本徹 胸部X-p読影においてAIは極めて有用である。
一口にAIといっても様々でそれぞれ特徴があり、
得意分野、不得意分野があるため、自分が利用
するAIの特徴を事前につかんだうえで使用する
ことが望ましい。胸部X-p読影AIは比較的安価で
あり、今後、爆発的に普及していくことが予想
される。
96 Chua WL, Wee LC, Lim JYG, Yeo MLK, Jones D, Tan CK, et al. Automated rapid response system activation-Impact on nurses' attitudes and perceptions towards recognising and responding to clinical deterioration: Mixed-methods study. J Clin Nurs. 2023;32(17-18):6322-38. 2024年3月13日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太 RRSの自動起動は便利だけど、病棟看護師はバイタル
サイン依存で総合的アセスメントをしなくなるし、
主治医とRRTの壁の克服には役立っていないようだ。
95 Mello MM, Guha N. Understanding Liability Risk from Using Health Care Artificial Intelligence Tools. N Engl J Med. 2024;390(3):271-8.

Wachter RM, Brynjolfsson E. Will Generative Artificial Intelligence Deliver on Its Promise in Health Care? JAMA. 2024;331(1):65-9.
2024年3月6日
大阪大学医学部附属病院
吉田直樹 医療分野ではGenAI普及のための体制整備が進み。
また、AIの安全性向上のためのリスク管理も大切。
94 Sujan M, Lounsbury O, Pickup L, Kaya GK, Earl L, McCulloch P. What kinds of insights do Safety-I and Safety-II approaches provide? A critical reflection on the use of SHERPA and FRAM in healthcare. Safety Science. 2024;173. 2024年2月28日
埼玉医大総合医療センター
滝沢牧子 異なる手法を用いると、分析の考え方や、
改善策も影響を受ける
93 Kullgren JT, Kim HM, Slowey M, Colbert J, Soyster B, Winston SA, et al. Using Behavioral Economics to Reduce Low-Value Care Among Older Adults: A Cluster Randomized Clinical Trial. JAMA Intern Med. 2024. 2024年2月21日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹 臨床医・患者の意思決定の自律性を維持しながら
価値の低いケアの利用を減らすための
行動経済学的介入を広く検討していくことが大切
92 Truong T, Roopchard P, Olkhov-Mitsel E, Farahvash A, Sanders G, Jordan T, et al. Redefining and capturing pre-analytic deficiencies in an anatomical pathology laboratory: a quality improvement initiative. Virchows Archiv. 2023; 2024年2月14日
大阪大学医学部附属病院
上間あおい 臨床のプロセスを広く見てチームで質改善を
推進することが大切です
91 de Bruin J, Bos C, Struijs JN, Drewes HWT, Baan CA. Conceptualizing learning health systems: A mapping review. Learning Health Systems. 2023;7(1). 2024年2月7日
福島県立医科大学
安部猛 学習する医療システムの定義は困難だが
リサーチアプローチとして発展の可能性
あり
90 Shariff R, AbuGhazaleh S, Sagr E, Ebdah M, Baumhauer J. Leveraging Patient-Reported Experience Measures (PREMs) Data to Deploy Patient-Reported Outcome Measures (PROMs). NEJM Catalyst. 2022;3(7):CAT.22.0094. 2024年1月31日
大阪大学医学部附属病院
北村温美 PROMsを日常臨床に浸透させるための3つ
の工夫:病院幹部のリーダーシップ、IT
チームの参画、チャンピオンリーダーの
選定
89 Lea W, Lawton R, Vincent C, O'Hara J. Exploring the "Black Box" of Recommendation Generation in Local Health Care Incident Investigations: A Scoping Review. J Patient Saf. 2023;19(8):553-63. 2024年1月24日
関西医科大学
徳永あゆみ 事故調査後の提言作成についての統一指針
は現在存在しない。RCAは個人的要因に
焦点を当てやすく要注意。提言実施による
現場への影響、質の検討も含め、さらなる
研究が必要!
88 Boxley C, Fujimoto M, Ratwani RM, Fong A. A text mining approach to categorize patient safety event reports by medication error type. Sci Rep. 2023;13(1):18354. 2024年1月17日
倉敷中央病院
小林宏太朗 患者安全報告書の文章は教師データ
に不向き。だからこそ、専門家の
アノテーションがとても大切。
87 Ng AY, Oberije CJG, Ambrózay É, Szabó E, Serfőző O, Karpati E, et al.Prospective implementation of AI-assisted screen reading to improve early detection of breast cancer.Nat Med. 2023;29(12):3044-9. 2024年1月10日
大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗 乳がんのマンモグラフィ読影を
補助するAIシステムを実臨床へ
応用し、がんの検出率が向上した
86 Fan-Lun C, Chung C, Lee EHG, Pek E, Ramsden R, Ethier C, et al. Reducing unnecessary sedative-hypnotic use among hospitalised older adults. BMJ Qual Saf. 2019;28(12):1039-45. 2023年12月27日
大阪大学医学部附属病院
新谷拓也 SQUIRE 2.0勉強用
85 Ravindran S, Matharoo M, Rutter MD, Ashrafian H, Darzi A, Healey C, et al. Patient safety incidents in endoscopy: a human factors analysis of nonprocedural significant harm incidents from the National Reporting and Learning System (NRLS). Endoscopy. 2023. 2023年12月20日 関西医科大学
宮崎浩彰
84 Durand MA, Yen RW, O'Malley AJ, Schubbe D, Politi MC, Saunders CH, et al. What matters most: Randomized controlled trial of breast cancer surgery conversation aids across socioeconomic strata. Cancer. 2021;127(3):422-36. 2023年12月13日
鳥取大学医学部附属病院
谷口雄司 外科系の臨床研究には外科医の教育が必須!
83 Cooper WO, Spain DA, Guillamondegui O, Kelz RR, Domenico HJ, Hopkins J, et al. Association of Coworker Reports About Unprofessional Behavior by Surgeons With Surgical Complications in Their Patients. JAMA Surg. 2019;154(9):828-34. 2023年12月6日
広島大学病院
渡谷祐介
82 Helge T, Godhe M, Berglund B, Ekblom B. Inhaling salbutamol may decrease time to exhaustion in some contexts of heavy endurance performances. Eur J Sport Sci. 2023;23(5):766-73. 2023年11月29日
広島大学病院
泉谷悟 ルールを守らない人には、それが
デメリットとなる事のデータを示
し理解を得るのも一案
81 Marsch A, Khodosh R, Porter M, Raad J, Samimi S, Schultz B, et al. Implementing patient safety and quality improvement in dermatology. Part 1: Patient safety science. J Am Acad Dermatol. 2023;89(4):641-54

Marsch A, Khodosh R, Porter M, Raad JH, Samimi S, Schultz B, et al. Implementing patient safety and quality improvement in dermatology. Part 2: Quality improvement science. J Am Acad Dermatol. 2023;89(4):657-67.
2023年11月22日
宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典 米国の大学病院の皮膚科診療において、
Patient safetyとQuality improvementを
連動させて、学生や現場の教育、改善に取り
組む方法、考え方を具体的な例として紹介し
ています。日本でも各診療科単位における
医療安全、質改善のヒントになると思います
80 Raffel KE, Kantor MA, Barish P, Esmaili A, Lim H, Xue F, et al. Prevalence and characterisation of diagnostic error among 7-day all-cause hospital medicine readmissions: a retrospective cohort study. BMJ Quality & Safety. 2020;29(12):971-9. 2023年11月15日
倉敷中央病院
橋本徹 診断エラーには、臨床推論の順序付けや
解釈の誤り、鑑別診断の作成や優先順位
付けの誤りなどが含まれる。
79 Prekker ME, Driver BE, Trent SA, Resnick-Ault D, Seitz KP, Russell DW, et al. Video versus Direct Laryngoscopy for Tracheal Intubation of Critically Ill Adults. N Engl J Med. 2023;389(5):418-29. 2023年11月8日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太 ICUや救急部門において、いよいよ
ビデオ喉頭鏡優位のエビデンスが
揃ってきたか!?
78 Postma DJ, Notenboom K, De Smet P, Leufkens HGM, Mantel-Teeuwisse AK. Medicine shortages: impact behind numbers. J Pharm Policy Pract. 2023;16(1):44. 2023年10月25日
横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
77 Ayers JW, Poliak A, Dredze M, Leas EC, Zhu Z, Kelley JB, et al. Comparing Physician and Artificial Intelligence Chatbot Responses to Patient Questions Posted to a Public Social Media Forum. JAMA Intern Med. 2023;183(6):589-96. 2023年10月18日
埼玉医大総合医療センター
滝沢牧子 チャットボットはネット上の
医療相談に「親切に」回答できる
76 Bates DW, Levine DM, Salmasian H, Syrowatka A, Shahian DM, Lipsitz S, et al. The Safety of Inpatient Health Care. N Engl J Med. 2023;388(2):142-53. 2023年10月11日
大阪大学医学部附属病院
吉田直樹
75 Valdenebro J-V, Gimena FN, López JJ. The transformation of a trade fair and exhibition centre into a field hospital for COVID-19 patients via multi-utility tunnels. Tunnelling and Underground Space Technology. 2021;113:103951. 2023年10月4日
大阪大学医学部附属病院
上間あおい
74 Meskó B, Topol EJ. The imperative for regulatory oversight of large language models (or generative AI) in healthcare. NPJ Digit Med. 2023;6(1):120. 2023年9月27日
福島県立医科大学
安部猛
73 Zhao L, Zhang X, Coday M, Garcia DO, Li X, Mossavar-Rahmani Y, et al. Sugar-Sweetened and Artificially Sweetened Beverages and Risk of Liver Cancer and Chronic Liver Disease Mortality. Jama. 2023;330(6):537-46. 2023年9月20日
大阪大学医学部附属病院
竹田充伸 砂糖は1日25gまで!
72 Demopoulos J, Stephens J, Chavez MT, Veet CA, Careyva B. Transformational Patient Onboarding and Engagement. NEJM Catalyst. 2023;4(9):CAT.23.0113. 2023年9月13日
関西医科大学
徳永あゆみ
71 Hibbert PD, Molloy CJ, Schultz TJ, Carson-Stevens A, Braithwaite J. Comparing rates of adverse events detected in incident reporting and the Global Trigger Tool: a systematic review. Int J Qual Health Care. 2023;35(3). 2023年9月6日
大阪大学医学部附属病院
北村温美 インシデントレポートの数で、
その施設の医療安全を評価したり
比較することはできない。
70 Green AR, Aschmann H, Boyd CM, Schoenborn N. Assessment of Patient-Preferred Language to Achieve Goal-Aligned Deprescribing in Older Adults. JAMA Netw Open. 2021;4(4):e212633. 2023年8月30日
大阪大学医学部附属病院
新谷拓也 処方を減らす際には薬の副作用の
説明が好まれる。
69 Birkeland S, Bismark M, Barry MJ, Möller S. Is greater patient involvement associated with higher satisfaction? Experimental evidence from a vignette survey. BMJ Qual Saf. 2022;31(2):86-93. 2023年8月23日
大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗
68 Newman-Toker DE, Nassery N, Schaffer AC, Yu-Moe CW, Clemens GD, Wang Z, et al. Burden of serious harms from diagnostic error in the USA. BMJ Qual Saf. 2023. 2023年8月16日 関西医科大学
宮崎浩彰
67 Dias RD, Riley W, Shann K, Likosky DS, Fitzgerald D, Yule S. A tool to assess nontechnical skills of perfusionists in the cardiac operating room. J Thorac Cardiovasc Surg. 2023;165(4):1462-9. 2023年8月9日 宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典
66 Gray KD, Nobel TB, Hsu M, Tan KS, Chudgar N, Yan S, et al. Improved Preoperative Risk Assessment Tools Are Needed to Guide Informed Decision Making before Esophagectomy. Ann Surg. 2023;277(1):116-20. 2023年8月2日 鳥取大学医学部附属病院
谷口雄司
65 Fu VX, Oomens P, Merkus N, Jeekel J. The Perception and Attitude Toward Noise and Music in the Operating Room: A Systematic Review. J Surg Res. 2021;263:193-206. 2023年7月26日 広島大学病院
渡谷祐介
64 van Beusekom MM, Land-Zandstra AM, Bos MJW, van den Broek JM, Guchelaar HJ. Pharmaceutical pictograms for low-literate patients: Understanding, risk of false confidence, and evidence-based design strategies. Patient Educ Couns. 2017;100(5):966-73. 2023年7月19日 広島大学病院
泉谷悟
63 Holodinsky JK, Zerna C, Malo S, Svenson LW, Hill MD. Association between influenza vaccination and risk of stroke in Alberta, Canada: a population-based study. Lancet Public Health. 2022;7(11):e914-e22. 2023年7月13日 倉敷中央病院
橋本徹
62 Batterbury A, Douglas C, Jones L, Coyer F. Illness severity characteristics and outcomes of patients remaining on an acute ward following medical emergency team review: a latent profile analysis. BMJ Qual Saf. 2023;32(7):404-13. 2023年7月4日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
61 Schackmann L, van Dijk L, Brabers AEM, Zwier S, Koster ES, Vervloet M. Comprehensibility of a personalized medication overview compared to usual-care prescription drug labels. Front Pharmacol. 2022;13:1004830. 2023年6月28日 大阪大学医学部附属病院
吉田直樹
60 Hatef E, Lans D, Bandeian S, Lasser EC, Goldsack J, Weiner JP. Outcomes of In-Person and Telehealth Ambulatory Encounters During COVID-19 Within a Large Commercially Insured Cohort. JAMA Netw Open. 2022;5(4):e228954. 2023年6月21日 埼玉医大総合医療センター
滝沢牧子
59 Harris K, Søfteland E, Moi AL, Harthug S, Ravnøy M, Storesund A, et al. Feasibility of implementing a surgical patient safety checklist: prospective cross-sectional evaluation. Pilot Feasibility Stud. 2023;9(1):52. 2023年6月14日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
58 Kojima T, Kinoshita N, Kitamura H, Tanaka K, Tokunaga A, Nakagawa S, et al. Effect of improvement measures in reducing interruptions in a Japanese hospital pharmacy using a synthetic approach based on resilience engineering and systems thinking. BMC Health Serv Res. 2023;23(1):331. 2023年6月7日 大阪大学医学部附属病院
中島和江
57 Leist AK, Klee M, Kim JH, Rehkopf DH, Bordas SPA, Muniz-Terrera G, et al. Mapping of machine learning approaches for description, prediction, and causal inference in the social and health sciences. Sci Adv. 2022;8(42):eabk1942. 2023年5月31日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
安部猛
56 Creative Health: The Arts for Health and Wellbeing. 2023年5月24日 大阪大学医学部附属病院
北村温美
55 Baysari MT, van Dort BA, Prgomet M, Zheng WY, Raban MZ, Dalla-Pozza L, et al. The efficiency-thoroughness trade-off after implementation of electronic medication management: a qualitative study in paediatric oncology. Int J Qual Health Care. 2020;32(8):511-6. 2023年5月17日 関西医科大学
徳永あゆみ
54 Wang F, He MM, Xiao J, Zhang YQ, Yuan XL, Fang WJ, et al. A Randomized, Open-Label, Multicenter, Phase 3 Study of High-Dose Vitamin C Plus FOLFOX ± Bevacizumab versus FOLFOX ± Bevacizumab in Unresectable Untreated Metastatic Colorectal Cancer (VITALITY Study). Clin Cancer Res. 2022;28(19):4232-9. 2023年5月10日 大阪大学医学部附属病院
竹田充伸
53 Weaver MD, Landrigan CP, Sullivan JP, O'Brien CS, Qadri S, Viyaran N, et al. National improvements in resident physician-reported patient safety after limiting first-year resident physicians' extended duration work shifts: a pooled analysis of prospective cohort studies. BMJ Qual Saf. 2023;32(2):81-9. 2023年4月26日 大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗
52 Hunfeld N, Diehl JC, Timmermann M, van Exter P, Bouwens J, Browne-Wilkinson S, et al. Circular material flow in the intensive care unit-environmental effects and identification of hotspots. Intensive Care Med. 2023;49(1):65-74. 2023年4月19日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
51 Berlyand Y, Lee AH-Y, Hasdianda MA, Baymon DME, Massarotti EM, Shannon EM, et al. Electronic I-PASS: Updating the Handoff Safety Tool Through EHR Integration and Workflow Enhancement. NEJM Catalyst. 2023;4(2):CAT.22.0346. 2023年4月12日 関西医科大学
宮崎浩彰
50 Tschan F, Keller S, Semmer NK, Timm-Holzer E, Zimmermann J, Huber SA, et al. Effects of structured intraoperative briefings on patient outcomes: multicentre before-and-after study. Br J Surg. 2021;109(1):136-44. 2023年4月5日 鳥取大学医学部附属病院
谷口雄司

2022年度

  紹介論文 実施日 担当者
49 Okoshi K, Endo H, Nomura S, Kono E, Fujita Y, Yasufuku I, et al. Comparison of short term surgical outcomes of male and female gastrointestinal surgeons in Japan: retrospective cohort study. Bmj. 2022;378:e070568. 2023年3月29日 広島大学病院
渡谷祐介
48 Bankes DL, Jin H, Williams R, Awadalla MS, Johnson J, Turgeon J, et al. Implementing pharmacists' medication safety recommendations is associated with reduced health care resource utilization and mortality in high-risk older Americans. J Am Pharm Assoc (2003). 2023;63(1):118-24. 2023年3月22日 広島大学病院
泉谷悟
47 Heiden BT, Subramanian MP, Nava RG, Patterson AG, Meyers BF, Puri V, et al. Routine Collection of Patient-Reported Outcomes in Thoracic Surgery: A Quality Improvement Study. Ann Thorac Surg. 2022;113(6):1845-52. 2023年3月15日 宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典
46 Westbrook JI, Li L, Raban MZ, Woods A, Koyama AK, Baysari MT, et al. Associations between double-checking and medication administration errors: a direct observational study of paediatric inpatients. BMJ Qual Saf. 2021;30(4):320-30. 2023年3月8日 倉敷中央病院
橋本徹
45 Swen JJ, van der Wouden CH, Manson LE, Abdullah-Koolmees H, Blagec K, Blagus T, et al. A 12-gene pharmacogenetic panel to prevent adverse drug reactions: an open-label, multicentre, controlled, cluster-randomised crossover implementation study. Lancet. 2023;401(10374):347-56. 2023年3月1日 大阪大学医学部附属病院
新谷拓也
44 Lohmeyer Q, Schiess C, Wendel Garcia PD, Petry H, Strauch E, Dietsche A, et al. Effects of tall man lettering on the visual behaviour of critical care nurses while identifying syringe drug labels: a randomised in situ simulation. BMJ Qual Saf. 2023;32(1):26-33. 2023年2月22日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
43 Nunes JC, Baykaner T, Pundi K, DeSutter K, True Hills M, Mahaffey KW, et al. Design and development of a digital shared decision-making tool for stroke prevention in atrial fibrillation. JAMIA Open. 2023;6(1):ooad003. 2023年2月15日 大阪大学医学部附属病院
上間あおい
42 Kline A, Wang H, Li Y, Dennis S, Hutch M, Xu Z, et al. Multimodal machine learning in precision health: A scoping review. NPJ Digit Med. 2022;5(1):171. 2023年2月8日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
安部猛
41 Oo TH, Marroquin OC, McKibben J, Schell JO, Arnold RM, Kip KE. Improved Palliative Care Practices Through Machine-Learning Prediction of 90-Day Risk of Mortality Following Hospitalization. NEJM Catalyst. 2023;4(1):CAT.22.0214. 2023年2月1日 大阪大学医学部附属病院
北村温美
40 Manojlovich M, Harrod M, Hofer T, Lafferty M, McBratnie M, Krein SL. Factors influencing physician responsiveness to nurse-initiated communication: a qualitative study. BMJ Qual Saf. 2021;30(9):747-54. 2023年1月25日 大阪大学医学部附属病院
徳永あゆみ
39 Claassen L, Hannink G, Luyer MDP, Ainsworth AP, van Berge Henegouwen MI, Cheong E, et al. Learning Curves of Ivor Lewis Totally Minimally Invasive Esophagectomy by Hospital and Surgeon Characteristics: A Retrospective Multinational Cohort Study. Ann Surg. 2022;275(5):911-8. 2023年1月18日 大阪大学医学部附属病院
百瀬洸太
38 Matsuo T, Yoshioka T, Okubo R, Nagasaki K, Tabuchi T. Burnout and its associated factors among healthcare workers and the general working population in Japan during the COVID-19 pandemic: a nationwide cross-sectional internet-based study. BMJ Open. 2022;12(11):e064716. 2023年1月11日 倉敷中央病院
橋本徹
37 McGreevey JD, 3rd, Mallozzi CP, Perkins RM, Shelov E, Schreiber R. Reducing Alert Burden in Electronic Health Records: State of the Art Recommendations from Four Health Systems. Appl Clin Inform. 2020;11(1):1-12. 2023年1月4日 大阪大学医学部附属病院
新谷拓也
36 Barnhoorn PC, Nierkens V, Mak-van der Vossen MC, Numans ME, van Mook W, Kramer AWM. Unprofessional behaviour of GP residents and its remediation: a qualitative study among supervisors and faculty. BMC Fam Pract. 2021;22(1):249. 2022年12月28日 関西医科大学
宮崎浩彰
35 Gjeraa K, Dieckmann P, Jensen K, Møller LB, Petersen RH, Østergaard D, et al. Effects of shared mental models in teams performing video-assisted thoracoscopic surgery lobectomy. Surg Endosc. 2022;36(8):6007-15. 2022年12月21日 鳥取大学医学部附属病院
谷口雄司
34 Adams-McGavin RC, Jung JJ, van Dalen A, Grantcharov TP, Schijven MP. System Factors Affecting Patient Safety in the OR: An Analysis of Safety Threats and Resiliency. Ann Surg. 2021;274(1):114-9. 2022年12月14日 広島大学病院
渡谷祐介
33 Sonpavde GP, Grivas P, Lin Y, Hennessy D, Hunt JD. Immune-related adverse events with PD-1 versus PD-L1 inhibitors: a meta-analysis of 8730 patients from clinical trials. Future Oncol. 2021;17(19):2545-58. 2022年12月7日 広島大学病院
泉谷悟
32 Gaudioso C, Sykes A, Whalen PE, Attwood KM, Masika MM, Demmy TL, et al. Impact of a Thoracic Multidisciplinary Conference on Lung Cancer Outcomes. Ann Thorac Surg. 2022;113(2):392-8. 2022年11月30日 宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典
31 Challen R, Denny J, Pitt M, Gompels L, Edwards T, Tsaneva-Atanasova K. Artificial intelligence, bias and clinical safety. BMJ Qual Saf. 2019;28(3):231-7. 2022年11月16日 大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗
30 Bruno RR, Wolff G, Wernly B, Masyuk M, Piayda K, Leaver S, et al. Virtual and augmented reality in critical care medicine: the patient's, clinician's, and researcher's perspective. Crit Care. 2022;26(1):326. 2022年11月9日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
29 McNiven B, Wu T, Brown AD. Novel Telephone-Based Interactive Voice Response System for Incident Reporting. Jt Comm J Qual Patient Saf. 2021;47(12):809-13. 2022年11月2日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
28 van Dijk LM, van Eikenhorst L, Wagner C. Daily practice performance (Work-as-Done) compared to guidelines (Work-as-Imagined) of medication reconciliation at discharge: Outcomes of a FRAM study. Safety Science. 2022;155:105871. 2022年10月26日 大阪大学医学部附属病院
上間あおい
27 You J, Zhang YR, Wang HF, Yang M, Feng JF, Yu JT, et al. Development of a novel dementia risk prediction model in the general population: A large, longitudinal, population-based machine-learning study. EClinicalMedicine. 2022;53:101665. 2022年10月19日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
安部猛
26 Adams GS, Converse BA, Hales AH, Klotz LE. People systematically overlook subtractive changes. Nature. 2021;592(7853):258-61. 2022年10月12日 大阪大学医学部附属病院
北村温美
25 Gallagher D, Greenland M, Lindquist D, Sadolf L, Scully C, Knutsen K, et al. Inpatient pharmacists using a readmission risk model in supporting discharge medication reconciliation to reduce unplanned hospital readmissions: a quality improvement intervention. BMJ Open Qual. 2022;11(1). 2022年10月5日 大阪大学医学部附属病院
新谷拓也
24 Kono E, Isozumi U, Nomura S, Okoshi K, Yamamoto H, Miyata H, et al. Surgical Experience Disparity Between Male and Female Surgeons in Japan. JAMA Surg. 2022;157(9):e222938. 2022年9月28日 大阪大学医学部附属病院
浜部敦史
23 Ikeuchi K, Yasuda Y, Saito R, Nishida S, Orita Y, Sakamoto C. Community-based Peer Support Programs to Improve Quality of Life for Cancer Survivors: A Systematic Review. Asian Journal of Occupational Therapy. 2022;18(1):17-23. 2022年9月21日 大阪大学医学部附属病院
徳永あゆみ
22 Subakumar K, Franklin BD, Garfield S. Analysis of the third WHO Global Safety Challenge 'Medication Without Harm' patient-facing materials: exploratory descriptive study. Eur J Hosp Pharm. 2021;28(Suppl 2):e109-e14. 2022年9月14日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
21 Merliot-Gailhoustet L, Raimbert C, Garnier O, Carr J, De Jong A, Molinari N, et al. Discomfort improvement for critically ill patients using electronic relaxation devices: results of the cross-over randomized controlled trial E-CHOISIR (Electronic-CHOIce of a System for Intensive care Relaxation). Crit Care. 2022;26(1):263. 2022年9月7日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
20 El-Jawahri A, LeBlanc TW, Kavanaugh A, Webb JA, Jackson VA, Campbell TC, et al. Effectiveness of Integrated Palliative and Oncology Care for Patients With Acute Myeloid Leukemia: A Randomized Clinical Trial. JAMA Oncol. 2021;7(2):238-45. 2022年8月31日 広島大学病院
泉谷悟
19 Dahl AB, Ben Abdallah A, Maniar H, Avidan MS, Bollini ML, Patterson GA, et al. Building a collaborative culture in cardiothoracic operating rooms: pre and postintervention study protocol for evaluation of the implementation of teamSTEPPS training and the impact on perceived psychological safety. BMJ Open. 2017;7(9):e017389. 2022年8月24日 宮崎大学医学部附属病院
綾部貴典
18 Attia ZI, Noseworthy PA, Lopez-Jimenez F, Asirvatham SJ, Deshmukh AJ, Gersh BJ, et al. An artificial intelligence-enabled ECG algorithm for the identification of patients with atrial fibrillation during sinus rhythm: a retrospective analysis of outcome prediction. Lancet. 2019;394(10201):861-7. 2022年8月17日 倉敷中央病院
橋本徹
17 Goode JV, Owen J, Page A, Gatewood S. Community-Based Pharmacy Practice Innovation and the Role of the Community-Based Pharmacist Practitioner in the United States. Pharmacy (Basel). 2019;7(3). 2022年8月9日 大阪大学医学部附属病院
徳永あゆみ
16 Schwartz FR, Roth CJ, Boardwine B, Hardister L, Thomas-Campbell S, Lander K, et al. Electronic Health Record Closed-Loop Communication Program for Unexpected Nonemergent Findings. Radiology. 2021;301(1):123-30. 2022年8月3日 大阪大学医学部附属病院
上間あおい
15 Kohler K, Ercole A. Can network science reveal structure in a complex healthcare system? A network analysis using data from emergency surgical services. BMJ Open. 2020;10(2):e034265. 2022年7月27日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
安部猛
14 Elliott MJ, Love S, Fox DE, Verdin N, Donald M, Manns K, et al. 'It's the empathy'-defining a role for peer support among people living with chronic kidney disease: a qualitative study. BMJ Open. 2022;12(5):e057518. 2022年7月19日 大阪大学医学部附属病院
北村温美
13 Usmani S, Saboor A, Haris M, Khan MA, Park H. Latest Research Trends in Fall Detection and Prevention Using Machine Learning: A Systematic Review. Sensors (Basel). 2021;21(15). 2022年7月11日 大阪大学医学部附属病院
徳永あゆみ
12 Hamabe A, Ishii M, Kamoda R, Sasuga S, Okuya K, Okita K, et al. Artificial intelligence-based technology for semi-automated segmentation of rectal cancer using high-resolution MRI. PLoS One. 2022;17(6):e0269931. 2022年7月6日 大阪大学医学部附属病院
浜部敦史
11 Upton R, Mumith A, Beqiri A, Parker A, Hawkes W, Gao S, et al. Automated Echocardiographic Detection of Severe Coronary Artery Disease Using Artificial Intelligence. JACC Cardiovasc Imaging. 2022;15(5):715-27. 2022年6月29日 大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗
10 Nas J, Thannhauser J, Konijnenberg LSF, van Geuns RM, van Royen N, Bonnes JL, et al. Long-term Effect of Face-to-Face vs Virtual Reality Cardiopulmonary Resuscitation (CPR) Training on Willingness to Perform CPR, Retention of Knowledge, and Dissemination of CPR Awareness: A Secondary Analysis of a Randomized Clinical Trial. JAMA Netw Open. 2022;5(5):e2212964. 2022年6月22日 大阪大学医学部附属病院
新谷拓也
9 Umoren R, Bucher S, Hippe DS, Ezenwa BN, Fajolu IB, Okwako FM, et al. eHBB: a randomised controlled trial of virtual reality or video for neonatal resuscitation refresher training in healthcare workers in resource-scarce settings. BMJ Open. 2021;11(8):e048506. 2022年6月14日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
中村京太
8 Ebbens MM, Gombert-Handoko KB, Wesselink EJ, van den Bemt P. The Effect of Medication Reconciliation via a Patient Portal on Medication Discrepancies: A Randomized Noninferiority Study. J Am Med Dir Assoc. 2021;22(12):2553-8.e1. 2022年6月8日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
勝亦秀樹
7 Verhagen MJ, de Vos MS, Sujan M, Hamming JF. The problem with making Safety-II work in healthcare. BMJ Qual Saf. 2022;31(5):402-8. 2022年5月25日 大阪大学医学部附属病院
上間あおい
6 Bates DW, Levine D, Syrowatka A, Kuznetsova M, Craig KJT, Rui A, et al. The potential of artificial intelligence to improve patient safety: a scoping review. NPJ Digit Med. 2021;4(1):54. 2022年5月18日 横浜市立大学附属市民総合医療センター
安部猛
5 Aboumatar H, Pitts S, Sharma R, Das A, Smith BM, Day J, et al. Patient engagement strategies for adults with chronic conditions: an evidence map. Syst Rev. 2022;11(1):39. 2022年5月11日 大阪大学医学部附属病院
北村温美
4 Yuan M, Xiao X, Wang Y, Han Y, Zhang R, Fu H, et al. Design and evaluation of a cognitive health education pilot program according to the RE-AIM framework. PLoS One. 2021;16(12):e0260934. 2022年4月24日 大阪大学医学部附属病院
徳永あゆみ
3 Jin J, Tang Y, Hu C, Jiang LM, Jiang J, Li N, et al. Multicenter, Randomized, Phase III Trial of Short-Term Radiotherapy Plus Chemotherapy Versus Long-Term Chemoradiotherapy in Locally Advanced Rectal Cancer (STELLAR). J Clin Oncol. 2022;40(15):1681-92. 2022年4月20日 大阪大学医学部附属病院
浜部敦史
2 Maharaj AD, Evans SM, Zalcberg JR, Ioannou LJ, Graco M, Croagh D, et al. Barriers and enablers to the implementation of multidisciplinary team meetings: a qualitative study using the theoretical domains framework. BMJ Qual Saf. 2021;30(10):792-803. 2022年4月13日 大阪大学大学院歯学研究科
西本真太朗
1 Dykes PC, Burns Z, Adelman J, Benneyan J, Bogaisky M, Carter E, et al. Evaluation of a Patient-Centered Fall-Prevention Tool Kit to Reduce Falls and Injuries: A Nonrandomized Controlled Trial. JAMA Netw Open. 2020;3(11):e2025889. 2022年4月6日 大阪大学医学部附属病院
新谷拓也