1. トップページ
  2. お知らせ
  3. ガンバ大阪 遠藤選手、林選手が小児医療センターウォールペイント「星の船」完成披露会に出席!

ガンバ大阪 遠藤選手、林選手が小児医療センターウォールペイント「星の船」完成披露会に出席!2018年07月25日

 大阪大学とフレンドシップ協定を締結しているガンバ大阪より、昨年、一昨年に引き続き、ガンバ大阪選手会が行った「ユニフォームチャリティーオークション」の売上金から、120万円の寄付を本院の小児医療センターにいただくこととなりました。
 その寄付金贈呈式が7月23日(水)に行われ、ガンバ大阪から奥出 章寛顧客創造部ホームタウン推進課長、遠藤 保仁主将及び林 瑞輝選手にご来院いただき、ガンバ大阪選手会を代表し林選手より木村 正病院長に目録が手渡されました。
 林選手は「このチャリティーオークションも今回で3回目となりました。未来の子どもたちのために役立てていただければうれしいです」と話されました。

 また、贈呈式の後には、これまでガンバ大阪よりいただいた寄付金等を基に完成した、小児医療センターに描かれたウォールペイント「星の船」の完成披露会にもご出席いただきました。
 このウォールペイントは、検査や手術に向かう子どもたちを励ます目的でデザインされたものであり、壁に描かれたユーモラスな動物たちが、検査や手術に向かう子どもたちを「星の船」まで導くデザインとなっています。木村病院長から「サッカー選手が、ロッカールームからフィールドに向かう時の気持ちと同じように、このウォールアートが、検査や手術に向かう子どもたちにとって励みになればと思います。ガンバ大阪様からいただいた寄付金で、子どもたちのために、このようなアートが完成しとてもうれしく感じています」とのあいさつがありました。

 その後、遠藤選手、林選手は小児病棟に入院中の子どもたちとの交流を楽しまれました。遠藤選手は、「可愛い絵を見て皆さん元気になってください。今日は短い時間ですが、皆さんと楽しい時間を過ごせたら良いなと思います。」と話され、子どもたちからの写真撮影やサインの要望に一人ひとり丁寧に応じられていました。入院中の子どもたちにとっては、あこがれのサッカー選手と直接触れ合う、夢のようなひと時となりました。 

トップページに戻る

お知らせ
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の 紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。