1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 化学療法部

化学療法部

診療内容

部長 水木 満佐央

部長 水木 満佐央

オンコロジーセンターの2階、3階にある化学療法室は、本院で診療を受けておられるがん患者さんが、外来で安全、快適に抗がん剤治療や抗体治療を受けていただくための専用の治療室です。平成15年12月の開設以降、多くの患者さんにご利用いただいています。今や2人に1人はがんになる時代となり、多くのがんの治療において化学療法が行われるようになっています。新規抗がん剤の採用や、副作用対策の充実によって、がん患者さんが治療を続けながら在宅で過ごせるようになってきています。化学療法部では、患者さんに安全、快適な治療を提供するためのスペースだけでなく、様々な医療者が協力して患者さんの在宅療養を支援しています。

特色

平成27年9月にオンコロジーセンター棟が開設し、2階と3階の化学療法室に42床のリクライニングチェアーとベッドを設置しています。1日最大70件の治療が可能な設備を整えています。なかでも、患者さんの安楽に応じるためにベッドを多めに設置したことで、入院と同じような環境で治療を受けることが出来ます。
患者さんが安全に点滴を受けていただきながら、専門的知識の豊富な医師、看護師、薬剤師が協力して、副作用や社会資源に関する幅広い相談をお受けしています。より専門的な相談が必要な場合は、専任の医療ソーシャルワーカーや、臨床心理士との連携も積極的に行っています。
小児患者専用の治療室では、年間50件近くの小児患者さんの治療を行っています。半個室のスペースを確保しており、親子でテレビやDVDを鑑賞したり、ゲームをしながら化学療法を受けていただくことができます。
オンコロジーセンター棟の1階に採血室があります。この採血室は化学療法を受ける患者さんの待ち時間を限りなく少なくするために設置されました。そのため、同日に化学療法の治療がある患者さんの採血を優先的に行っています。また、採血を実施する看護師は治療室と兼務しているため、薬剤が血管から漏れる事の少ない安全な部位から採血を行っています。

治療室

治療室 小児エリア

利用時のお願い

現在、化学療法室では、ほぼすべての診療科のがん化学療法を行っています。利用は予約制となっており、午前と午後の2部制で、外来担当医が予約を取得します。患者さんは、オンコロジーセンター棟1階の診察室、もしくは担当診療科で診察を受けた後に化学療法室に来ていただき治療を受けていただきます。患者さんからのお電話による予約受付は行っておりませんので、担当診療科にお問合せください。

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。