1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 中央診療施設 - 材料部

材料部

安全で確実な医療器材の供給サービス

ウォッシャーディスインフェクター(自動搬送装置付自動洗浄消毒器)

ウォッシャーディスインフェクター
(自動搬送装置付自動洗浄消毒器)

従来、科や部署ごとに独自に行われていた医療器材の洗浄と滅菌業務、および衛生材料供給業務を中央化し、効率的かつ信頼性の高い滅菌供給業務を目的として、1971年2月20日に大阪大学医学部附属病院中央材料部は創設されました。その後1993年9月の附属病院吹田地区移転に伴い、中央材料部から材料部への名称変更がなされました。2008年4月からは内視鏡センターで行われていた軟性内視鏡の洗浄消毒業務を中央化し、さらに、2009年4月からは各部署で行われていた一次洗浄を廃止し、材料部での一括中央化処理による再生医療器材の品質保証を行い、安全で確実な医療器材供給サービスに努めています。

スタッフ

材料部スタッフは、部長(病院教授)1名、副部長(第1種滅菌技師)1名、主任(臨床工学技士)1名、特任技術職員(第1種滅菌技師)1名、嘱託医療技術職員(臨床検査技師)1名、嘱託看護技術補佐員1名
医療器材の洗浄と滅菌業務は、外部委託社員50名で行っています。
ディスポーザブル(単回使用)医療器材の物流業務は、外部委託(SPD:Supply Processing and Distribution)社員10名が発注業務から在庫管理までの全般を行っています。

業務内容

[洗浄業務]
病棟、外来、手術等で使用した器材には各種の汚れ(血液、体液、微細組織等)や微生物が付着しています。これらを器材から剥離するため、洗浄剤の化学的作用と超音波、ブラッシング、ジェット水流などによる物理的作用を加えて効率の良い洗浄を行っています。
[滅菌業務]
器材の材質により、高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)、酸化エチレンガス滅菌、過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌の三種類を主に用いています。

高圧蒸気滅菌器(既滅菌室内)
高圧蒸気滅菌器(既滅菌室内)

  • 高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)法
    飽和水蒸気の熱エネルギーを用いて微生物の蛋白質を変性させ微生物を殺滅する方法です。鋼製小物、リネンなど高温高圧に耐えられる器材なら滅菌可能で、その上安全性、コストも安価なことからも広く用いられています。
  • 低温酸化エチレンガス滅菌法
    酸化エチレンガスを用いて微生物を殺滅する方法です。塩化ビニール系製品、軟性内視鏡などの高温高圧に耐えられない医療器材の滅菌に用います。
  • 過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌法
    過酸化水素蒸気に高周波エネルギーを与え発生するフリーラジカルが微生物を殺滅します。高温高圧に耐えられない医療器材の滅菌に用います。滅菌処理は短時間ですが、コストが他に比べ割高です。また、紙、ガーゼ、リネン(布製品)などは、滅菌出来ません。

われわれスタッフは、医療器材の形状や材質に応じて洗浄方法、滅菌方法を選択し、安全で確実な医療器材の供給サービスに日々努めています。

[軟性内視鏡の洗浄・消毒業務]
消化管用・気管支内視鏡等の洗浄・消毒
内視鏡センターで診断・処置・検査に使用された年間のべ8,000本の消化管・気管支鏡に加え耳鼻咽喉科・頭頸部外科、婦人科外来用軟性内視鏡の洗浄消毒業務も開始しました。

設備の概要

[洗浄器]
ウォッシャーディスインフェクター(シャワー式) 5台
減圧沸騰式洗浄器 1台
超音波洗浄器 4台
吸引洗浄器 4台
チューブ洗浄器 2台
浸漬用恒温槽 9台
軟性内視鏡洗浄消毒器 9台
[滅菌器]
 
高圧蒸気滅菌器(1200L) 5台
 同 (630L) 1台
 同 (15L) 1台
酸化エチレンガス滅菌器(1200L) 1台
過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌器(ステラッド200、100s、NX) 各1台

ディスポ室

SPDによる管理の下、医療材料の購入、供給、在庫管理を中央化することで経済性を追求し、合理的に管理しています。また医療器材の有効期限、不動在庫の管理を徹底し、無駄を軽減しています。

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。