1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. 生殖医療センター

生殖医療センター

診療内容

日本における少子化は世界に類を見ない早さで進行しています。このような環境の中で、お子様を希望されるにもかかわらず妊娠しない、あるいは流産を繰り返すカップルは、全てのカップルの約10%以上存在するといわれています。このようなカップルに対しての総合的な支援策の確立は、単なる医学上の問題であるだけでなく、少子化抑制政策においても重要な問題であると考えられます。
以上のようなコンセプトのもとに、昨今の不妊/不育症治療に対する社会的ニーズの高まりを背景に、泌尿器科・産科婦人科が中心となり、生殖医療センターを発足させました。妊娠後の周産期管理や遺伝相談のために、小児科・総合周産期母子医療センター・小児外科・遺伝子診療部のスタッフの協力を得ています。また、特に基礎疾患をお持ちの方の不妊/不育症克服のため、すべての診療科と有機的・統合的に関わることができる体制を作っています。

特色

不妊/不育症の診療は、男性側、女性側の診療ではなく、カップルに対する診療が基本です。従来、お子様をご希望の患者さんは、まず女性側が産科婦人科を受診され、不妊外来にてその原因の検索を進めていきます。男性側の検査については、精液検査などの限られた検査に関しては、産科婦人科で行うこともできます。しかし、泌尿器科的な診察を受けていただく必要のある患者さんも少なからずおられます。そのような患者さんについては、カップルともに泌尿器科/産科婦人科のスタッフから同時に面談・診察・検査ができる様に、診察日を同じ日にさせていただきます。
体外受精・顕微授精などの高度生殖医療が必要なカップルのうち、精子を泌尿器科手術で採取しなければならない乏精子症・無精子症の患者さんについては、泌尿器科・産科婦人科がすみやかな連携をとり、十分なインフォームド・コンセントのもとに共同で治療を進めていくことができます。 流産を繰り返す患者さんについても、泌尿器科・産科婦人科の適切な原因検索とエビデンスに基づく治療をおこない、必要に応じて遺伝子診療部でのカウンセリングを受けていただきます。
また、小児期・子どもを作る前に悪性腫瘍にかかり、その治療(化学療法・放射線治療など)のため、将来の妊孕性(お子様を持つ能力)を失ってしまうことがあります。まだ研究段階ではありますが、そのような患者さんが治療を始める際に、性腺をできるだけ保護し、将来お子様を持つ可能性がすこしでも残るような手段を模索するため、現在臨床研究の準備をしています。

紹介時のお願い

泌尿器科・産科婦人科外来で対応いたします。できるだけ保健医療福祉ネットワーク部を通じての予約をお願いします。

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。