1. トップページ
  2. 診療科・部門のご紹介
  3. がんゲノム医療センター

がんゲノム医療センター

診療内容

センター長 森 正樹

センター長 森 正樹

がんは遺伝子(ゲノム)の病気です。正常な細胞から遺伝子(ゲノム)の傷を蓄積しながら悪性化し、がんとなります。しかし同じ種類のがんにおいても、がんに起きている後天的な遺伝子の変化(「体細胞遺伝子の異常」と呼びます)は患者さんごとに異なります。がんゲノム医療センターでは、がんに関わる遺伝子、特に治療のターゲット(標的)となる遺伝子を一度に調べ(「がん遺伝子パネル検査」)、抗がん剤(特に分子標的薬剤)の選択に役立つ情報を提供します。つまり、患者さんのがんのゲノム情報を調べて効果の高い治療につなげる、いわゆる「がんゲノム医療」の入り口となる検査を行います。
治療のターゲット(標的)となる遺伝子異常がみつかった場合のうち、患者さんのがんでその治療の保険適用があれば、既存の検査で確認した後に通常の保険診療として行うことがあります。それ以外に、対象となる企業治験、医師主導試験や臨床試験などがあれば、それらの情報を患者さんにお知らせいたします。もしその試験に参加できれば、患者さんのがんにまだ健康保険が認められていない薬でも治療を受けることができる可能性があります。
しかし、現状ではそのような治療のターゲット(標的)となる遺伝子異常がみつかる割合は必ずしも高くないことはあらかじめご理解ください。

特色

大阪大学医学部附属病院は、平成30年2月に「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定されました。がんゲノム医療連携病院とともに、がんゲノム医療を推進していきます。オンコロジーセンター5階の品質保障遺伝子検査室で「がん遺伝子パネル検査」の解析を行います。検査の全ての過程は病院内で行われますので、安心して検査を受けることができます。

紹介時のお願い

本診療ならびに検査は保険適用になっておりません。また、大阪大学医学部附属病院では自由診療としても行っておりません。
平成30年度の上半期に「先進医療」として検査を開始する予定です。その日程が決まりましたら、改めてお知らせいたします。先進医療にかかる費用は、患者さんが自己負担することになりますが、自由診療とは異なり、診察代、投薬代や入院費などは公的医療保険が適用されます。

トップページに戻る

診療科・部門のご紹介
外来診療日
月曜日~金曜日
休診日
土曜日・日曜日・休日
年末年始/12月29日~1月3日

休診情報

診療受付時間
初診 午前8時30分~午前11時00分

阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

外来担当医表

トップに戻る

お電話・お手紙での病気や治療方法等のご質問に対しては、お答えいたしかねます。本院を受診のうえお尋ねください。