心臓血管外科

心臓血管外科ホームページ

診療内容

心臓血管外科 診療科長 澤 芳樹
診療科長 澤 芳樹

外科手術の適応となる一般心臓血管外科疾患 (冠動脈疾患、弁膜疾患、大動脈疾患、先天性心疾患など) に加えて、心不全に対する先進医療として心臓移植・肺移植、補助人工心臓、再生医療などを行っています。 また、低侵襲治療として経カテーテル的大動脈治療(TEVAR/EVAR)、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)、MICS、ロボット手術なども積極的に行っています。
一般外来では、数名の医師が各々の専門を分担していますが、すべての心臓血管外科疾患に対応可能です。
月~金まで毎日心臓血管外科手術を行い、年間約1,000例以上の心臓血管手術を行っています。開心術は1950年代の我が国における心臓血管外科の黎明期から行っており、手術後も定期的に数十年に渡り外来でフォローアップを行っています。

特色

重症心不全に関する治療は、国内の数少ない心臓移植・補助人工心臓装着実施施設であり、他施設では行えない最先端の補助人工心臓や再生医療など、先進治療も積極的に導入し、循環器内科と協力しながら行っております。
大動脈瘤に対してはカテーテルを用いたステント治療を積極的に行い、また、大動脈弁狭窄に対し経カテーテル大動脈弁置換を日本で先駆けて行い可能な限り患者さんの負担を少なくするよう努力しており、これまで手術適応とならなかった重症の患者さんにも適応を拡大しています。
先天性心疾患については、手術後成人に至って就職・出産されるまで計画的にフォローアップを行い、小児循環器科、循環器内科、産科婦人科などと常に連携して治療にあたっております。
さらに、患者さんの侵襲を軽減し美容上の有利な小切開開心手術も疾患に応じて行っています。

紹介時のお願い

急性心筋梗塞、大動脈解離などの緊急処置の必要な例でも、強心剤の持続点滴、大動脈バルーンポンピング、又は経皮的体外循環の必要な重症心不全例でも、積極的に受け入れます。
ただし、重症例では、可能な限り搬送前に患者さんの状況把握、患者・家族の意思確認を行うために紹介病院にスタッフを派遣しますので、その段取りをお願いします。

外来スケジュール

休診情報はこちら

外来受診のご案内

診療受付時間

初診 午前8時30分~午前11時00分
再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

※阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

外来診療日

月~金曜日

休診日

土・日曜日、祝日、
年末年始(12月29日~1月3日)

交通アクセス・駐車場