小児科

小児科ホームページ

診療内容

小児科 診療科長 大薗 恵一の写真
診療科長 大薗 恵一

腎・骨代謝、内分泌、血液腫瘍・免疫、神経代謝・臨床遺伝、発達障害・睡眠、臨床神経、栄養発育、循環器、臨床ウイルス、新生児の10個のグループによる専門外来を特色といたします。

診療グループ 対象疾患
腎・骨代謝 腎炎・ネフローゼ、慢性腎不全、代謝性骨疾患、骨系統疾患
内分泌 成長障害、下垂体、甲状腺・性腺・副腎疾患、糖尿病、副甲状腺疾患
血液腫瘍・免疫 小児がん(白血病などの血液腫瘍、悪性固形腫瘍)、再生不良性貧血、免疫不全など
神経代謝・臨床遺伝 先天代謝異常症(ライソゾーム病を中心とした代謝疾患)、先天異常、遺伝性疾患
発達障害・睡眠 自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、小児睡眠関連疾患
臨床神経 てんかん、精神運動発達遅滞、不随意運動、重症心身障害児、神経筋疾患
栄養発育 胆汁うっ滞性肝疾患、代謝性肝疾患、急性肝不全、小児炎症性腸疾患、体重増加不良
循環器 先天性心疾患および胎児心臓病、心筋症・肺高血圧症を含む小児循環器疾患全般
臨床ウイルス 基礎疾患を有する患児のワクチン接種
新生児 ハイリスク新生児のフォローアップ

これらのカテゴリーに入らない初診患者は一般外来で診療いたします。

特色

10個の専門グループは小児科の全ての専門分野を網羅しており、全てのお子さんに対して「治らない病気を治る病気へ」をモットーに高度の医療を提供しています。なかでも骨系統疾患の診断、腎炎、ネフローゼの腎生検による診断・治療、在宅腹膜透析の管理、各種小児内分泌疾患の診断・治療、消化管内視鏡・肝生検による小児消化器肝臓疾患の診断、重症慢性肝疾患・急性肝不全の肝移植術前術後管理、小児血液・腫瘍疾患における造血幹細胞移植、ライソゾーム病に対する酵素補充療法、難治性てんかんの内科的治療と外科的治療適応精査、原因不明の神経・筋疾患の筋生検による診断・治療、重症先天性心疾患・小児肺高血圧症・各種心筋症の診断と心移植待機を含めた内科的管理、自閉症スペクトラム障害・小児睡眠障害の診断などに関し紹介患者を広く受け入れ、高度小児医療期間としての役割を果たしています。

紹介時のお願い

予約制専門外来が原則ですので、保健医療福祉ネットワーク部を通じて必ず予約を取って下さい。専門外来宛あるいは担当医宛の紹介状をご持参下さい。なお、緊急入院が必要と思われる患者さんの場合には、必ず、ご紹介前に、外来にお問い合わせ下さい。

外来スケジュール

休診情報はこちら

外来受診のご案内

診療受付時間

初診 午前8時30分~午前11時00分
再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

※阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

外来診療日

月~金曜日

休診日

土・日曜日、祝日、
年末年始(12月29日~1月3日)

交通アクセス・駐車場