看護専門外来

看護専門外来

診療内容

看護専門外来は、看護部により専門性の高い看護を提供することを目的に、2004年に糖尿病ケア・看護外来、2011年にスキンケア外来、2019年に呼吸ケア・看護外来が開設されました。糖尿病療養指導士や認定看護師が、各診療科と連携して高度な看護技術を提供しています。

糖尿病ケア・看護外来

特色

糖尿病ケア・看護外来は、糖尿病・内分泌・代謝内科医師の指導、協力のもと、糖尿病患者さんを対象としたフットケアを行い、糖尿病足病変(足潰瘍、足壊疽)の発症、再発予防と足自己管理行動の促進に努めています。また同時に、インスリン療法や運動療法をはじめとする糖尿病療養指導を行い、個々の糖尿病患者さんの生活に沿った自己管理支援と相談も行っています。
2012年9月からは、糖尿病患者さんが食事療法を基盤とした自己管理行動の重要性を再認識し、糖尿病合併症の一つである糖尿病腎症を進行させないよう糖尿病・内分泌・代謝内科医師、管理栄養士、糖尿病療養指導士とでチームを組み、糖尿病透析予防指導を始めました。
その他、これら糖尿病フットケアや自己管理支援のほか、糖尿病合併症外来と糖尿病メタボリックステーション外来を併設し、糖尿病・内分泌・代謝内科医師と協働で糖尿病血管合併症に関する数々の検査を行い、糖尿病合併症の早期発見、進行防止にも努めています。

予約方法

1)対象患者
  • 本院糖尿病・内分泌・代謝内科外来受診中の糖尿病患者
  • 本院糖尿病・内分泌・代謝内科病棟入院中で、糖尿病・内分泌・代謝内科医がケアを要すると認めた糖尿病患者
2)予約方法
糖尿病・内分泌・代謝内科主治医が、糖尿病ケア・看護外来のオーダー画面より受診の予約を入れる。

スケジュール

糖尿病フットケア(予約制)
火・水・木曜日 午前・午後、金曜日 午前
糖尿病療養指導(予約制)
火・水・木曜日 午前・午後、月・金曜日 午前
(インスリン自己注射指導、血糖自己測定指導は随時施行)
糖尿病透析予防指導(予約制)
月~金曜日 午前
糖尿病メタボリックステーション外来(予約制)
月曜日 午後
糖尿病合併症外来(予約制)
金曜日 午後

スキンケア外来

特色

スキンケア外来は、小児を含めストーマ造設手術を受けられた患者さんのケアを行っています。
手術前から関わり、入院中は病棟ナースと連携してケアを提供します。ストーマを持ちながら生活する患者さんが、よりよい社会生活を送ることができるよう、退院後も継続して、外来でストーマ合併症の早期発見のための観察、適切な装具の選択、装具やケアの工夫についての情報提供、精神的支援を行っています。

予約方法

1)対象患者
本院でストーマ造設手術を受けられた方
2)予約方法
皮膚・排泄ケア認定看護師に連絡 → 皮膚・排泄ケア認定看護師が予約入力

スケジュール

消化器ストーマ
水曜日の午前 金曜日の午後
泌尿器ストーマ
木曜日の午前
小児
外来主治医の診察日

呼吸ケア・看護外来

特色

呼吸ケア・看護外来は、在宅で呼吸療法を必要とする患者さんに、退院後も継続して、個別性に合わせた療養支援と相談対応を行い、QOLの向上を支援します。
また、呼吸療法に関する機器の導入と変更、使用している酸素流量の評価と調整を主治医と協働して行います。そして、患者さんの身体的・精神的・社会的な問題を共有し、今とこれからを共に考えるアドバンスド・ケア・プランニング(ACP)を行い、その人らしい人生を歩めるよう、療養の場所や治療に関する意思決定支援も行います。

予約方法

1)対象患者
  • 本院で在宅酸素療法または在宅人工呼吸療法(在宅持続陽圧呼吸療法を含む)の処方を受けられている方
  • 本院通院中で気管カニューレを装着している方
2)予約方法
慢性呼吸器疾患看護認定看護師に連絡 → 慢性呼吸器疾患看護認定看護師が予約入力

スケジュール

月~金曜日 午後

外来受診のご案内

診療受付時間

初診 午前8時30分~午前11時00分
再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

※阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

外来診療日

月曜日~金曜日

休診日

土曜日・日曜日・
休日年末年始(12月29日~1月3日)

交通アクセス