腎臓内科

腎臓内科ホームページ

診療内容

腎臓内科 診療科長 猪阪 善隆
診療科長 猪阪 善隆

健康診断で見出された血尿・蛋白尿などの尿異常、腎炎およびネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、ループス腎炎、急性腎不全、慢性腎不全、さらには浮腫やNa、K、Caなどの電解質異常を含め腎臓に関する全ての疾患に対して最新のエビデンスとヒューマニズムに基づいた診療をしております。
腎炎の可能性がある場合には腎生検(年間50~80例)により得た情報を基に豊富な経験から的確に判断して、IgA腎症に対する扁桃摘出+ステロイドパルス療法など"腎炎の治癒"を目指した治療を行っています。
また、慢性腎臓病治療には1960年代より定評があり、服薬治療と食事療法により"透析に至らない"を目標に、集学的治療を行っています。
また、腎臓内科が運営する本院の血液浄化部では、血液透析、血漿交換、免疫吸着および持続携帯式腹膜透析(CAPD)まで幅広くトータルに血液浄化に関する診療を行っています。

特色

IgA腎症に対しては耳鼻咽喉科・頭頸部外科と共に根治をめざした扁桃摘出とステロイド投与による治療を行っており多くの完全寛解を得ています。
また、予後が悪いといわれる急速進行性糸球体腎炎(ANCA関連腎炎)に対しても免疫抑制薬等により積極的に治療を行っています。
慢性腎臓病の進行を抑制するために集学的治療を行い、貧血、ミネラル・骨代謝異常の管理や、栄養管理室と連携した低蛋白食療法を行っています。
また、腎代替治療に対しても万全の備えをしており、患者さんの状態を十分に考慮し、腎代替療法選択外来を設けており、血液透析の導入、CAPDによる在宅医療、泌尿器科と連携した腎移植治療と全てに対応しています。

外来スケジュール

休診情報はこちら

外来受診のご案内

診療受付時間

初診 午前8時30分~午前11時00分
再診 午前8時30分~午前11時30分
予約再診 午前8時30分~午後3時00分

※阪大病院では初診の方は医師の紹介状が必要です。

外来診療日

月~金曜日

休診日

土・日曜日、祝日、
年末年始(12月29日~1月3日)

交通アクセス・駐車場